7GB制限の目安はどれくらい?通信規制を受けないために注意すること

スポンサーリンク

7GB

スマホ使用で1番気をつけたいのが7GB制限です。特にテザリングも利用している方は注意する必要があります。

でも実際、7GBでどのくらい通信できるのかって分かりにくいですよね。

ということで今回は、7GBの目安、制限規制を受けないために注意しておきたいことを解説していきます!

スポンサーリンク

そもそも何で7GB制限ってあるの?

携帯電話に利用できる電波の周波数帯は限られています。一部のユーザーが大量のデータ通信で回線を占有することで、他のユーザーの利用に支障が出ることを避けるために規制が設けられているのです。2011年のソフトバンクの発表によれば、全体の約2%のユーザーが全体の通信量の約4割を独占していたといいます。

-通信規制、「7GB」なのはなぜ?-

僕のような10代をガラケーで過ごしてきた世代には、パケ放題といえば文字通り通信し放題だったんですが、今はパケットは使い放題でも、通信速度に制限がかかるので実質的にはパケ放題ではないのが現状です。

ただ、引用にある通り一部のユーザーが利用し過ぎることで、通信を維持するための費用が増大し、パケット代がこれ以上高くなるのを抑えるために制限を設けているようです。

実際どれくらい使ったら7GBになるのか?

softbankの公式HPの7GBの目安

メールの送受信 約14,630通
WEBの閲覧 約24,430ページ
動画の視聴 約32時間
音楽のダウンロード 約1,750曲

auの公式HPの7GB目安

メールの送受信 約14,000通
WEBの閲覧 46,200ページ
動画の視聴 約28時間
音楽のダウンロード 約1,400曲

WEB閲覧に関してはauが倍のページを見れるようになっていますが、1ページ当たりの通信量の計算が違うだけなので、同じ条件にするとほぼ同じです。

動画の視聴時間もほとんど同じですが、気をつけなくてはいけないのが動画もどんどん高画質になってきているということ。

YouTube等のように、高速通信時はHD動画再生時に480~720Pの画質で再生される可能性があり、高画質(720P画質)の場合、約2時間で6GB到達することもあるため注意が必要です。

表の時間数は、420P以下の低画質で視聴した際のデータですので、 YouTubeなどで動画を観る方は注意が必要です。

また、1ヶ月で7GBを超えると、その月は速度が遅くなったままなのですが、直近3日間で1GB以上使用すると24時間の速度制限を受けることにも気をつけておかなければいけません。

高画質の動画を観てしまうと、20分で1GBに達してしまう計算になりますので。

もう1つ。

上の表は、あくまでWEB閲覧だけなど、その項目でのみ使った際の時間数やページ数なので気をつけましょう。

SNS見たり、LINEでやりとりしたり、Google Mapでカーナビしたりと、全て合わせた通信量で判断しなくてはいけません。

そんなこと言っても、「俺は今月6,538ページ見てる!!」とか数えてる人はいないと思いますので、使った通信量を確認する方法をご紹介します。

使用した通信量を確認する3つの方法

iPhoneで確認する

モバイルデータ通信 (1)

「設定」→「モバイルデータ通信」を選択。

使用量

「モバイルデータ通信の使用状況」の、現在の期間に表示されている数字が、前回リセットした日(もしくは購入日)から使用した通信量です。

リセット日時

前回のリセット日時は、1番下までスクロールすると表示されています。

僕の場合、1月~5月上旬までに22GB使用してますので、平均して5.5GB/月 ほど使用していることになります。

リセット

「統計情報のリセット」を押すことで、使用した通信量を0に戻せるので、月初にリセットしておくと、今月何GB通信しているかがすぐに分かるのでおススメです。

各キャリアのHPで確認する

各キャリアのHPでも、現在までの使用量が確認できます。(auはアプリのダウンロードが必要)

サイト docomo

サイト softbank

サイト au

iPhoneアプリで確認する

通信量を計測できるアプリもあります。

「通信量チェッカー」は、直近3日間の通信量も簡単に確認できるのが便利です。

通信量チェッカー

通信量チェッカー
開発元:InnoX Co.,Ltd.
無料
posted with アプリーチ

7GB制限を超えてしまった時は

無料のWi-Fi スポットを利用する

スタバで利用できる「at_STARBUCKS_Wi2」や、市が提供する「Fukuoka City Wi-Fi」などの、無料Wi-Fi スポットを使うのも1つの手でしょう。

ただ、接続すると個人情報や、アカウント情報を盗まれてしまう、危険なフリーWi-Fi もありますので、使用には充分注意してください。

参考 Wi-Fiフリースポットに潜む危険!接続する前に気を付けたい3つのこと

追加料金を払って速度制限を解除する

各キャリアとも2,500円を支払うことで、追加で2GB使用できるようになります。

ただ、通常よりも1GB当たりの料金が高くなっていますし、7GB制限を受けるほどの方は、2GB追加してもまた足りなくなることが多いと思いますので、『たまたま今月は使いすぎてしまった』という方以外は、ポケットWi-Fi の契約も考えたほうがいいでしょう。

ポケットWi-Fi の契約をする

通信制限

先月も月の途中に通信制限を知らせるメッセージが来てしまいましたが、ポケットWi-Fiがあったので何とか乗り切りました。

ポケットWi-Fiだと持ち歩けますし、1日ぐらいなら電源入れっぱなしでも大丈夫なので、カバンに入れておけば制限にかかってもストレスなく過ごすことができます。

特にYouTubeなど動画をよく観るという方は、通信制限のないポケットWi-Fiを選ぶことで、通信制限に怯えることなく楽しめるようになりますから、毎月7GB制限に引っかかるという方は一度検討してみてください。

ポケットWi-Fiで月額料金が安いのはここだ!業界最安値3社を徹底比較!
※2016年12月更新 2016年12月現在、ポケットWi-Fiの中で安いと言われているのが、「Yahoo!Wi-Fi」「Broa...

▲おすすめのポケットWi-Fiはこちらで解説しています。

まとめ

24時間の速度制限ならまだしも、月の途中で制限を受けるとFacebookを開くのにも1~2分かかったりと、月末まで辛い日々が待っています。

今回ご紹介した方法で通信量を確認しながら、自分なりに最適なスマホ利用を心がけましょう。

それではまた!!

関連 iPhoneの機種変更ならMNPで他社に乗り換えたほうが絶対お得

スポンサーリンク
たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

7GB制限の目安はどれくらい?通信規制を受けないために注意すること
この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!