CPU使用率が100%から下がらない原因はウイルスバスタークラウドだった

unnamedLBK81GL7

最近、パソコンを立ち上げると、CPU使用率が100%から下がらなくて、遅いのなんのでめっちゃ困ってました。

調べていくと、coreserviceshell.exeという、ウイルスバスタークラウドのプロセスが原因でしたので、調べたこと、対処したことを残しておきます。

OSはWindows7です。

CPU使用率の調べ方

まずは、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を同時に押して、タスクマネージャーを開きます。

タスクマネージャー

①「プロセス」を選択

②左下の「すべてのユーザーのプロセスを表示」をクリック。

③「CPU」をクリックすると、使用率の高い順に並べ替えできます。

System Idle Process(プロセスがアイドル状態になっている時間)の使用率が高くなっていると思うのですが、調べたところ、これは誰のパソコンでも高くなっていて、異常ではないようです。

問題は他に使用率の高いプロセスがないかどうか。

僕の場合は、coreserviceshell.exeが使用率50%を占めていて、しかも全く使用率が下がらないので、これが原因だと判明しました。

coreserviceshell.exeのCPU使用率を下げる方法

調べていると、トレンドマイクロ公式ページでフォーラムを発見。

サイト 「coreServiceShell.exe」プロセスのCPU使用率が高くなる

一部の環境において、ウイルスバスター クラウド およびウイルスバスター クラウド OKAERI を起動後に他のプログラムを複数同時に起動した際、「coreServiceShell.exe」のCPU使用率が50%以上占有し続ける現象を確認しています。

本現象は、以下条件の環境下において現象が発生する可能性が高いことを確認しています。

 ・推奨要件を満たしているが、ハードウェアが古い世代の場合
 ・インストール要件を満たしているが、推奨要件を満たしていない場合
 ・古い世代CPU環境にて、SSDを利用している場合

 確認するも、OS・CPU・ハードディスク・メモリ、どれも推奨条件は満たしています。

上記条件に当てはまらない環境にて、本現象が発生する場合について
引き続き調査を行なっております。
進捗につきましてはこのページでご案内いたします。

 

おいおい!解決策なしかよ(´゚д゚`)

しかも、ウイルスバスター2011では、修正パッチが載っているのですが、2012では調査中のまま対応がされてません。

これはクラウドでもすぐに対応はされないと判断。別の方法を探します。

インストール後にアップデートした人は、アンインストール→再インストールで解決するかも

インストール後にアップデートした方の中に、アンインストールして再インストールすることで、解決したと書かれている記事がありました。

僕はインストール後にアップデートはしていないので当てはまりませんが、心当たりのある方は試してみるのもいいかもしれません。

ただ、再インストールしても、coreserviceshell.exeの使用率が下がらないと書かれている記事もあったので、必ず解決する方法ではないようです。

結果調べていくも・・・

かなり調べたのですが、有効な解決方法は見つかりませんでした。

ただ、我慢して使っていくには動作が重すぎるので、ウイルスバスターとお別れすることを決断。無料で、負荷も軽いというMicrosoft Security Essentialsをしばらく使ってみることにします。

ウイルスバスターのアンインストール方法

「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムと機能」を開きます。

インストールされているプログラムが表示されるので、その中からウイルスバスターを選択。

「右クリック」→「アンインストール」で完了です。

Microsoft Security Essentialsのインストール

公式ページから「今すぐダウンロード」をクリック。

保存したら、ファイルを開きます。

後は、指示通りに「次へ」で進めていけばいいのですが、Microsoft Security Essentialsにはファイアーウォール機能がありませんので、「ファイアーウォール機能が有効でない場合に、Windowsファイアーウォールを有効にする」には必ずチェックを入れておきましょう。

インストール完了後、自動的にクイックスキャンが始まり、完了すれば終了です。

結果

CPU使用率も完全に下がり、パソコン立ち上げ時の速度も回復しました。

問題はお金を払って購入した、ウイルスバスター代がもったいなかったぐらいですかね・・・

まとめ

動作は回復しましたが、Microsoft Security Essentialsは必要最低限の機能しかないので、安全性には少し不安が残るところ。

調べると、どのセキュリティーソフト比較サイトでも、「ESET」というセキュリティーソフトの評価が高いですね。未知のウイルスにも強く、動作も非常に軽いようです。

また、Amazonでの評価もかなり高く、売上数も1位ですので、次は「ESET」を使おうと思っています。

ウイルスバスターは2度と使わねぇ(´゚д゚`)

少しもったいないですが、CPU使用率が高く、動作の重さに困っている方は、アンインストールしてソフトを変更することをオススメします。

それではまた!!

関連 月額料金が安いポケットWi-Fi

シェアしていただけると励みになります

CPU使用率が100%から下がらない原因はウイルスバスタークラウドだった
この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!