国内旅行に格安で行きたいなら「ふるさと割」のクーポンを使おう! 

スポンサーリンク

トップ

2017年1月現在は、「ふるさと割」「九州復興割」などは終了している会社が多く、以下の記事は2015年10月に記事を執筆した当時のものになります。

ただ、現在も国内全般が対象の割引クーポンを発行している会社をまとめていますので、こちらも参考にしてください。

※以下2015年10月に書いた内容です

夕方のニュースをぼんやり観ていたら、いま「ふるさと割」を使ってお得に国内旅行をしている方がかなりいるみたいです。

マジで全然知らなかった(;´Д`)

各旅行会社も「ふるさと割」には力を入れていて、特設ページを作って宣伝しているところも多いです。

旅行者にとっては確実にお得なクーポンなのでご紹介していきますね!

スポンサーリンク

そもそも「ふるさと割」とは?

「ふるさと割」は地方創生のひとつである、地域住民生活等緊急支援交付金事業として発行されています。

うんうん。

意味不明ですよね。笑

簡単に言うと国からの補助金を活用して、各県の自治体が自分の所に旅行に来てくれるように、割引きクーポンを出してるってことです。

旅行に来てもらえれば、ホテルや旅館での宿泊だけでなく、地域での観光や食事、お土産などの買い物など使ってくれるお金が増えるので、割引き分のお金を出してもメリットがあるんですね。

ちょっと前に話題になったプレミアム商品券の旅行バージョンってとこでしょうか。

旅行者からすると、自分で払わないといけなかった金額が安くなるわけですから、使わない手はないですよね(*´ω`*)

「ふるさと割」のクーポンにはどんなものがある?

クーポンは全国で使える

前は一部の県しか発行していなかったようですが、今では全国各地の県で「ふるさと割」のクーポンが使えるようになっています。

多くは宿泊予約で使えるクーポンですが、福岡や岡山など航空券にも割引きが適用される県まであるので嬉しいですね。

※ツアーで使える旅行会社もあります

35,000円クーポン

これは楽天トラベルで発行されてる宮城県のクーポンなんですが、2名以上で航空券+宿泊で7万円以上なら35,000円の割引きクーポンがもらえます。

半額で宮城に行けちゃいますよ!

17,500円クーポン

こちらは同じ宮城のクーポンで、35,000円以上使えば17,500円のクーポンです。

旅行会社によってクーポンの内容も異なりますので、行きたい県とクーポンの内容をそれぞれチェックしてみてください。

問題はクーポンが完売してきていること

完売

季節的なものがあると思いますが、北海道や東北でのクーポンは旅行会社によってはすでに完売しています(;´Д`)

ただし画像のように再配布される県もありますし、いま完売しているのは11月〜12月末が対象のクーポンなので、また次の期間になったら新しいクーポンが発行されると思います。

なんにせよお得なクーポンで、これから認知が進むともっと取れなくなると思いますので、気になるクーポンがあれば早めに予約しておくのがおすすめです!

クーポンを発行している旅行会社 ※2017年版

じゃらん

「じゃらん」は現在も「ふるさとクーポン」と称して全国の割引クーポンを発券しています。

配布開始からすぐに終了となる人気のクーポンも多くあるので、行きたい観光地があれば配布開始日をしっかりチェックしておきましょう!

じゃらん 「ふるさとクーポン」特設ページはこちら

るるぶトラベル

JTBが運営している『るるぶトラベル』も全国対応の割引クーポンを引き続き発行しています。

中には2万円以上の割引クーポンも発行されていますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

るるぶトラベル 割引クーポン特設ページはこちら

楽天トラベル

『楽天トラベル』も常時割引クーポンが発行されています。

僕は楽天カードを使って毎月の経費の支払いをしていて、自動的に貯まる楽天ポイントを旅行でも使えるので個人的にもよく利用しています。

楽天トラベル 割引クーポン特設ページはこちら

まとめ

「ふるさと割」を使えば国内旅行が本当にお得になりますので、ご自身での旅行はもちろん、ご両親へのプレゼントなんかにも良さそうですよね。

時期が変わればクーポンの内容も変わってくると思いますので、定期的にチェックしてみてください!

それではまた!!

関連 国内の航空券をLCCも含めて比較できる「エアータウン」はおすすめ!

スポンサーリンク
たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!