結婚式に出席するか迷ったら欠席することに決めた。

スポンサーリンク

トップ

結婚式の招待状が送られてきた時の反応としては3つあります。

  1. 絶対に出席する(しなくてはいけない)
  2. 出席するか迷う
  3. 絶対に出席しない(できない)

①か③であればすぐに判断できますが、問題は②の出席するか迷ってしまう場合。

というのも、最近友達から結婚式の招待状が送られてきて迷ってしまったんですよ。

学生の頃は仲良かったけど今は全然会ってなかったり、ご祝儀や衣装代などのお金がない、忙しいなど迷ってしまう理由は人によって色々とあると思います。

僕はもうすぐ30歳になるので、それなりに結婚式にも参加してきましたし、招待状を頂いたときに迷ってしまったことも今回が初めてではありません。

その度にあれこれと考えてきたんですが、もう招待状を頂いた時点で迷ったときは欠席するということを決めました。

スポンサーリンク

迷った末に出席した時はほぼ後悔した

後悔

迷った末に出席したことも何度かあるんですが、その時はほとんど『やっぱり欠席にすればよかったな…』と後悔しました。

お金がもったいなかったと感じることもありましたし、単純に式や披露宴、2次会などに参加しても楽しめなかったこともあります。

逆に言うと『この人の結婚式は絶対に行きたい』と招待状を受け取った瞬間に思った場合には、出席して後悔したという記憶はありません。

不思議と友達が一緒に参加してなくて1人でも楽しめるものです。

けっきょく本心では行きたくないから迷う

行きたくない

まぁあくまで僕の場合ですが、行こうと思えば行けるのに迷ってしまうときは、本当はあまり行きたいと思ってません

行きたくないけど断ってしまうのも申し訳なくて悩んでるんですね。

周りの友達は行くって言ってたし

欠席すると会った時に気まずいし

中学の時は仲良かったし

自分が結婚式する時に呼ぶかもしれないし

でも今はお財布が厳しいし・・・

うるせえバカ野郎!!笑

もうね。お金のことで悩んでる時点でそんなに行きたくないんですよ。

招待状なんてある程度スケジュールの余裕をもって送られてくるわけですから、本当に行きたかったら食費を減らしてでも、持ち物を売り払ってでも、週末に短期バイトをしてでも行くんです。

あと周りの友達とか、本人との関係性が…とか思ってるならそれも行きたいとは思ってません。

もちろん人によって色々と事情があると思いますので、どうしても行きたいけど行けなくて迷うって方もいらっしゃるとは思いますが、もう自分の中で「招待状を受け取った瞬間に迷ったら行かない」と決めようと。

もし結婚式に出席するかどうか迷っているという方は、『本当は行きたいのか、行きたくないのか』を一度考えてみてください。

欠席するときのマナー

結婚式の招待状の返事をする際、はがきのメッセージ欄に書く言葉や、返信のマナー、宛名の書き方、欠席の理由、返事が遅れてしまった場合の対応など、参考図を用いて分かりやすくご紹介。美文字になるコツもお伝えします!

招待状を欠席で返送するときの書き方は、上の記事を参考にしていただきたいのですが、やっぱり欠席の理由は「ぼかして書く」というのがマナーのようですね。

たしかに逆の立場で考えると、「お金がない」とか「仕事が忙しい」とか書かれてたらショックですもんね。

あと相手との関係性にもよるんでしょうが、出席した時の1/3ほどのご祝儀やお祝いを送るというのもマナーとしてあるようです。

友人の結婚式なら1万円ほどですね。(自分の結婚式に参加してもらったなら同額を送る)

僕も最近招待された結婚式は欠席で返信しましたが、中学の時は仲良かった友人なので、1万円のご祝儀をお祝いのメッセージと一緒に送ろうと思っています。

まとめ

僕はまだ独身なので経験がないのですが、結婚式に誰を招待するかってけっこう難しいですね。

適当に送ると送られたほうも困るでしょうし…

ただまぁ、招待された式には全部行くってわけにもいかないと思いますので、迷ってしまった時には参考にしてみてください。

それではまた!!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

自分が何を嫌だと感じるのかをハッキリ自覚するのってけっこう大事。

結婚式の引き出物で真空断熱タンブラーもらったけど今までで1番嬉しいです!

結婚したいけど出会いがない方へ【婚活サイト30代男性の体験談】

スポンサーリンク
たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

結婚式に出席するか迷ったら欠席することに決めた。
この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!