本当に面白い作品はこれだ!木村拓哉主演ドラマおすすめランキング!

スポンサーリンク

木村拓哉

木村拓哉(キムタク)が主演したドラマは、1996年の「ロングバケーション」以降ほぼ毎年放送され、2017年の「A LIFE~愛しき人~」までで全20作品あります。

86世代の僕なんかは物心ついた時からキムタクドラマに触れていて、タクヤと一緒に成長してきたと言っても過言ではありません。

では一体どの作品が1番面白いのでしょうか?

視聴率順で並べるのは簡単ですが、ドラマ視聴率自体が年々下降していますし、放送時の視聴率は低くても実は面白いという作品はたくさんあります。

ということで今回の記事では、キムタク主演ドラマをたもトピ独自の指標で集計し、本当に面白い作品をランキング形式でご紹介します。

評価基準は以下の4項目。

  1. 平均視聴率
  2. 同クールドラマの平均視聴率との比較
  3. Amazon5つ星の評価
  4. Amazonレビュー件数

平均視聴率は言うまでもないですね。

同クールドラマとの比較は、ドラマ自体の視聴率低下の対策として項目に入れています。同クール(1~3月など同じ期間)、同時間帯(21~23時)に放送された連続ドラマを対象に、同クール作品の平均視聴率を調べ、キムタク作品の視聴率と比較して差が大きい作品順に点数化しています。

Amazon5つ星評価は視聴率以外の評価として、レビュー件数はファンの多い作品ほど件数が多いのではないかと推測の上、項目に入れています。

完璧とまでは言い切れませんが、単に視聴率を比べるよりは信憑性のあるランキングになっているはずです。

キムタク作品を見返す際のお供としてご活用ください。

スポンサーリンク

20位〜16位

20位:月の恋人〜Moon Lovers〜【2010年・平均視聴率16.8%】

【平均視聴率順位:17位/同クール比:18位/Amazon評価:20位/Amazon評価数:同率16位】

インテリアメーカー社長・葉月蓮介は中国進出を企てていた。蓮介が乗りこんだのは上海。そこで蓮介を待っていたのはインテリアデザイナー・二宮真絵美、資産家令嬢で人気モデル・大貫柚月、そして中国人女性・リュウ・シュウメイとの出会い。この3人の女性との出会いを機に、蓮介の人生に転機が訪れる。

平均視聴率は下から4番目、Amazon評価は最下位と散々な結果に。僕自身も1話目だけを観て、2話目以降は観なかった記憶があります。

しかし同クールのドラマでは平均視聴率2位と全く悪くないです。あくまで今回のランキングでは最下位ということ。

ちなみに同クール視聴率1位は「臨場 続章」で17.6%。

19位:アイムホーム【2015年・平均視聴率14.8%】

【平均視聴率順位:18位/同クール比:16位/Amazon評価:同率11位/Amazon評価数:20位】

『記憶消滅…!?事故によって記憶を失った男が過去を探す旅へ…』

主演・木村拓哉が贈る、「家族」とは?「家」とは?を問いかける衝撃のホームドラマミステリー!

事故によって直近5年間の記憶を失い、なぜか家族の顔が仮面に見える男が主人公のミステリードラマ。

謎が謎を呼ぶ展開でなかなか面白かったのですが、19位とこのランキングでは厳しい評価になりました。

同クールでは僅差の2位で、1位は「天皇の料理番」の14.94%。

18位:A LIFE~愛しき人~【2017年・平均視聴率14.6%】

【平均視聴率順位:19位/同クール比:15位/Amazon評価:同率6位/Amazon評価数:19位】

あなたを救うために、生きてきた。

木村拓哉が外科医に挑む超話題作! 

2017年に放送されたキムタク主演ドラマの中では最新作。

僕は1話目だけを観てやめちゃったんですが、姉いわく最後まで面白かったとのこと。

同クールのドラマの中でも視聴率1位なので、低視聴率下の原因をもろに受けてるかなぁっと。

17位:エンジン【2005年・平均視聴率22.6%】

【平均視聴率順位:同率9位/同クール比:12位/Amazon評価:18位/Amazon評価数:15位】

一度は挫折した主人公がレーサーに復帰しようとする話を縦糸に、さらに主人公の実家が児童施設を営んでいるという設定で、そこの子ども達にまつわるエピソードを横糸にしてドラマが展開する。

うーん。これも観てない。レビューを見てると賛否が別れる作品。視聴率は同クール1位&20%超えと文句なしですし、絶賛されてる方もいるので観て損はしないかと。

キムタク史上最高と言ってる方もいます。

ってかランキング上位の作品が強すぎるんですよね。笑

16位:安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜【2013年・平均視聴率12.8%】

【平均視聴率順位:20位/同クール比:20位/Amazon評価:同率6位/Amazon評価数:8位】

「僕が殺されても、君は絶対に護るから・・・。100年先もずっと護るから・・・。」
木村拓哉が時空を越えた究極のラブストーリーに挑んだ超話題作!

視聴率はランキング中最下位。僕も1話目以降観てません。が、Amazonレビューは良いし、wikiによるとDVD・ブルーレイの売上が初動で1億越してるそう(*´Д`)

これぞドラマの面白さは視聴率だけでは判断できない良い例か?ハマる人はとことんハマる作品と言えそうです。

同クール視聴率は3位で、1位は「Doctor-X ~外科医・大門未知子~ 2」で23%。2位は「リーガル・ハイ」で18.4%。

15位〜11位

15位:PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜【2012年・平均視聴率17.7%】

【平均視聴率順位:16位/同クール比:14位/Amazon評価:同率6位/Amazon評価数:17位】

 木村拓哉、初の極貧転落人生コメディ!
どん底から逆境を跳ね返していく、たくましい男の物語。元気と勇気をもらえる清々しいドラマ決定版!

視聴率と、評価数が少ない関係で順位は低いですが、レビューの評価は高いです。僕は1回も観たことないんですけど、面白そうなので観てみようと思います。

キムタク作品では珍しくコメディータッチなのが特徴。

同クールの中では視聴率2位。1位はまたしても「ドクターX ~外科医・大門未知子~」で19.1%。

14位:空から降る一億の星【2002年:平均視聴率22,6%】

【平均視聴率順位:同率9位/同クール比:10位/Amazon評価:19位/Amazon評価数:同率12位】

刑事の完三(明石家さんま)とその妹・優子(深津絵里)、そして見習いコック・涼(木村拓哉)は偶然にも船上パーティで出会った。このときすでに、運命の歯車が狂いはじめていたとも知らずに。過去の断片はやがて形を露にし、避けがたい悲劇的な宿命が3人を待ち受けているのだった…。

キムタク×明石家さんまの共演で話題になった作品。キムタクは視聴率30%超えて当たり前の時代の作品だからこそランキングも低くなってるけど、同クールでは1位。

当時高1だった僕には少し難しいイメージ。今なら違った風に観れるやも。

Amazon評価が19位と低めなのが気になるところ。

13位:南極大陸【2011年・平均視聴率18%】

【平均視聴率順位:15位/同クール比:17位/Amazon評価:同率6位/Amazon評価数:10位】

 TBS開局60周年記念 日曜劇場「南極大陸」
この物語は、日本復活の扉を開くため、そして愛する人の想いを胸に南極大陸に命がけで挑んだ一人の若き学者と、彼と運命を共にした ”同士” 樺太犬の愛と絆のドラマである。

視聴率は18%とランキングの中ではいまいちだが、Amazon評価の高さが順位を押し上げた作品。

評価を見ていただければ分かりますが、作品に対する熱い想いがひしひしと伝わってくるコメントが、このドラマの良さを物語っています。

キャッチコピーは「その夢には、日本を変える力がある」。熱い。

同クールでは視聴率2位。1位はあの伝説のドラマ「家政婦のミタ」で25.2%。

12位:ギフト【1997年:平均視聴率18.2%】

【平均視聴率順位:14位/同クール比:19位/Amazon評価:同率2位/Amazon評価数:12位】

消えた50億円の行方の鍵を握る記憶喪失の青年・由紀夫と、その金を狙うクセ者たちの姿を描く。

Amazon評価は同率2位とかなり上位。残念なのはバタフライ事件がおこってしまい作品に悪いイメージがついてしまったため、それ以降再放送は一切されていないことと、販売がVHSしかないこと。

VHSじゃもうレンタルも厳しいんじゃないだろうか。これ観たい。めちゃくちゃ観たい。

視聴率は同クール3位で、1位は「ひとつ屋根の下2」で27%、2位は草彅君主演の「いいひと。」で20.4%。

※他の作品がDVDBOXなのに対して、VHSは各巻発売なのでAmazon評価は合算したもので集計してます。

11位:MR.BRAIN【2009年・平均視聴率20.5%】

【平均視聴率順位:13位/同クール比:13位/Amazon評価:同率13位/Amazon評価数:7位】

警察庁科学警察研究所に所属する九十九龍介。
脳科学者としての類いまれな才能で難事件を解決していく本格ミステリー。

キムタクドラマでは珍しい謎解きもの。

主観だけどこの作品も観る人を選ぶ気はしますが、綾瀬はるかが可愛いのは間違いない。笑

視聴率は同クール1位、並びに2009年の年間1位

昔と違っていかに視聴率20%というのがすごいかよく分かる。

10位〜6位

10位:CHANGE【2008年:平均視聴率22.1%】

【平均視聴率順位:11位/同クール比:11位/Amazon評価:同率13位/Amazon評価数:9位】

小学校の教師だった一人の青年・朝倉啓太が、不慮の事故で衆議院議員だった父を亡くし、父の後継者として補欠選挙に出馬・当選し、総裁選を経て内閣総理大臣となり、政界で奮闘する姿を描く。

ついにキムタクが政界にまで進出した作品。

普段全く選挙に行かない人が、ドラマを観て政治に興味を持ったという話もあり、それこそキムタクが演じた価値があるというものですね。

現役の議員の中ではこのドラマを毎回観ていると公言していた方がいたらしく、どういう気持ちで観てたかちょっと気になるw

あり得ない設定だと思うけど、こういう政治家に出てきて欲しいと思わせるドラマなのは事実。

9位:HERO 2期【2014年・平均視聴率21.3%】

【平均視聴率順位:12位/同クール比:7位/Amazon評価:同率6位/Amazon評価数:14位】

久利生公平が帰ってきた!
型破りな検事・久利生公平を中心に描かれる個性的な城西支部のメンバーの群像劇が魅力の名作ドラマがフジテレビ開局55年目という記念の年に月9ドラマとして蘇る。

HEROはやっぱり面白かった!こちらは2014年に放送された2期。

同クール平均視聴率が8.7%の中で、21.3%もの視聴率を叩き出せるのはさすがと言う他ない。

検事の俳優陣がキムタク以外は総入れ替えということで、最初は大丈夫かなと想いましたが、吉田 羊という人気女優を産みだしましたね!

2014年の年間視聴率1位。まだHERO観たことない人は1期からまとめて全部観てほしい。

※DVD、ブルーレイと2種発売の作品はAmazon評価を合算して集計してます。

8位:華麗なる一族【2007年・平均視聴率24.4%】

【平均視聴率順位:8位/同クール比:9位/Amazon評価:同率13位/Amazon評価数:5位】

生き馬の目を抜く金融社会で、父との葛藤に悩みながらも力強く生きる万俵家長男・鉄平役を、木村が抜群の存在感で演じ、また、鉄平の実父でカリスマ的な頭取・大介役を北大路欣也が貫禄たっぷりに見せている。谷川京子、鈴木京香らによる、女性ならではの駆け引きや心の揺らめきもきめ細かく描かれる。

キムタク主演作品の中でもスケールが壮大、かつ重い。中でも北大路欣也の存在感がハンパじゃない。

この人はこんなに凄かったのか!と衝撃を受けたのを覚えてます。

ポップな作品ではないので人を選びますが、Amazon評価数5位というのがドラマの持つ力を表しています。

キムタクの演技を褒めるコメントが多いのもこの作品。

2007年の年間視聴率1位。

7位:ビューティフルライフ【2000年・平均視聴率32.3%】

【平均視聴率順位:2位/同クール比:2位/Amazon評価:17位/Amazon評価数:11位】

腕はあるが人気のない美容師の男性と、難病に侵され車椅子での生活を強いられながらも健気に生きる図書館司書の女性を描いたラブストーリー。平均視聴率32.3%、最高視聴率41.3%を記録

圧倒的な視聴率を誇るキムタクの代表的なドラマ。

美容師志望率を増加させ、バリアフリーという言葉を世間に認知させるなど、当時の社会に大きな影響を与えた作品。

またキムタクが乗っていたバイクTW200が大流行したことでも有名。中学生ながらキムタク仕様のTWが欲しくてたまらなかった覚えがあります。笑

ラブストーリーなのですが、難病の女性との恋愛でとても切ない。特に最終回は涙なしでは観れないでしょう。

6位:プライド【2004年・平均視聴率25.2%】

【平均視聴率順位:同率6位/同クール比:8位/Amazon評価:同率:13位/Amazon評価数:3位】

“Love&Fight”をテーマに掲げ、恋愛ドラマとスポ根の融合を成功させた稀有な作品であり、アイスホッケーに燃える若者たちの恋と友情を時に熱く、時にクールに描き出している。

個人的には大好きな作品で毎週楽しみに観てた思い出があります。

恋愛要素では竹内結子がマジで可愛くて男心をくすぐられっぱなしだったし、ドラマの展開も熱い。

みんなでケンカに行くシーンなんかベタだけどワクワクしました。ドラマってベタでいいんですよベタで。

ちょうど放送の翌年に大学に入りましたが、アイスホッケー部の人数がかなりいて、プライドの影響を感じました。

キムタクの「maybe」が臭いけどめっちゃカッコよくて、1人の時に呟いてたのは内緒w

実は同クール視聴率は2位で、1位は「白い巨塔 第二部」で26.2%。

5位〜1位

5位:ラブジェネレーション【1997年・平均視聴率30.8%】

【平均視聴率順位:3位/同クール比:5位/Amazon評価:同率2位/Amazon評価数:18位】

片桐哲平は突然、志望していない営業部への異動を命じられる。追い討ちをかけるようにかつてのガールフレンドが兄・荘一郎と婚約したことを知る。おまけに異動先の営業部では上杉理子に自慢のロン毛をバッサリと切られてしまう。哲平は理子とケンカをしながらも慣れない営業の仕事をこなしていくが、やがて二人の仲は運命の恋へと発展していく。

視聴率は3位と上位なんですが、Amazon評価のせいでこの順位に。というのもこの作品もVHSでDVD化されてないんです。

観たいけど観れない。そういう不満を反映しているのもこのランキングの特徴といえます。

作中でばっさり髪を切られるシーンがあるのですが、この頃のキムタクといえば長髪だったんですよね!当時観てた方は衝撃だったでしょう。

今観るとさすがに古いかもしれないが、名作なのは間違いない。問題はVHSなことただそれだけ。

大滝詠一の主題歌「幸せな結末」を聴くとラブジェネを思い出す方も多いはず。

4位:眠れる森【1998年・平均視聴率25.2%】

【平均視聴率順位:同率6位/同クール比:6位/Amazon評価:5位/Amazon評価数:6位】

誰もがうらやむエリート・輝一郎(仲村トオル)との結婚を控えた実那子(中山美穂)の前に、謎めいた美青年・直季(木村拓哉)が現れる。一家惨殺事件に巻き込まれたショックから、幼少のころの記憶がおぼつかない実那子は、彼の出現に不安をあおられる。果たして彼は、敵か、味方か…?

中山美穂とのW主演作品。

4位に入ったのは、Amazon評価がかなり高いことにあります。通常評価数が増えると評価にバラつきが出るのですが、低評価が全くないことが特徴です。

中でもサスペンスドラマの最高傑作という声が多く、ストーリーの面白さではランキング随一なのではないかと思います。

当時小学生だったこともあり、僕もまだ観ていないのですが、ランキングの中で1番興味があるのがこのドラマ。

3位:HERO 1期【2001年・平均視聴率34.3%】

【平均視聴率順位:1位/同クール比:3位/Amazon評価:同率11位/Amazon評価数:4位】

高校中退・大検を経て司法試験をクリアした若手検事・久利生公平(木村拓哉)が、大胆かつ斬新な視点で事件の真相を追う!茶パツにジーパン姿で破天荒にふるまう公平は、旧態依然とした東京地検の面々に鼻をつままれるが、担当事務官の雨宮舞子(松たか子)は、しだいに彼に心惹かれてゆく…。

キムタクドラマNO.1視聴率の「HERO」は惜しくも3位!

ですがその面白さは今更言うまでもなく、検事の知名度、好感度を引き上げた作品と言っても過言はないでしょう。

キムタクが常に着ていたAPEのダウンジャケットが売れすぎてプレミアがついたことも有名。当時めっちゃ欲しかったけどバカみたいな値段に引いた覚えが…笑

松たか子、大塚寧々、阿部寛、矢島智人、勝村政信、小日向文世。2期メンバーもいいけど、やっぱりHEROはこのメンバーな気がします!「あるよ」の田中要次もね!

2位:ロングバケーション【1996年・平均視聴率29.6%】

【平均視聴率順位:5位/同クール比:4位/Amazon評価:1位/Amazon評価数:1位

結婚式当日に相手に逃げられた南(山口智子)と、年下のピアニスト瀬名(木村拓哉)の同居生活をコミカルに描いた、1996年にTV放映の大ヒット恋愛ドラマ。略称の「ロンバケ」は当時の流行語にもなった。

「ロングバケーション」が第2位!キムタクの連ドラ初主演作品にして、その人気を押し上げた作品。

僕より上の世代の方はキムタクといえばロンバケと思われる方も多いでしょう!

Amazon評価数92件と圧倒的な数字がロンバケを愛する方の多さを物語っています!なんたって月曜日はOLが街から消えると言われたドラマですからね!笑

1996年と古い作品ながらDVD化されていますので、ロンバケを知らない方は必ず観るべし!

久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」を歌えるのはこのドラマのおかげ!

1位:GOOD LUCK!!【2003年・平均視聴率30.6%】

【平均視聴率順位:4位/同クール比:1位/Amazon評価:同率2位/Amazon評価数:2位】

子どものころから憧れていたパイロットになる夢をかなえた新海元(木村拓哉)は、現在キャプテンを目指して、コーパイと呼ばれる副操縦士を務めている。そんな新海と事あるごとに衝突する整備士の歩実(柴咲コウ)もまた、飛行機に対する思いでは決して彼に引けをとらず…。

4項目全てで高い得点を獲得した「GOOD LUCK!!」が堂々の第1位!!

中でも同クール平均視聴率が10.1%と低視聴率にも関わらず、30.6%もの視聴率を叩きだしたのは圧巻。

ANAの株価を上昇させ、航空業界への就職希望者が急増するなど、ドラマが及ぼした影響も歴代ドラマの中で「GOOD LUCK!!」がNO.1でしょう!!

放送から14年も経った2017年にリニューアル版が発売されるのも人気の裏付けと言っていいですね。

ストーリーの面白さだけでなく、仕事に対する考え方も変えてくれる本当にオススメの作品。放送から10年以上たった今でも、間違いなく楽しめます!

ランキング作成データ

タイトル

平均

視聴率(%)

同クール

平均(%)

差(%)

Amazon

評価

Amazon

評価数

GOOD LUCK!!30.610.919.74.772
ロングバケーション29.614.115.54.892
HERO①34.315.518.84.245
眠れる森25.212.312.94.639
ラブジュネレーション30.815.715.14.77
プライド25.21312.24.046
ビューティフルライフ32.313.3193.826
華麗なる一族24.413.311.14.043
HERO②21.38.712.64.521
CHANGE22.112.59.64.028
MR.BRAIN20.511.49.14.037
ギフト18.215.13.14.722
南極大陸1813.84.24.527
空から降る一億の星22.61210.63.422
PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜17.710.27.54.58
安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜12.810.42.44.536
エンジン22.613.29.43.720
A LIFE〜愛しき人〜14.69.35.34.56
アイムホーム14.89.94.94.25
月の恋人〜Moon Lovers〜16.813.23.63.117

まとめ

みなさんの好きな作品は何位だったでしょうか?

主観を含まずデータを元にランキングを作成しましたが、個人的に面白いと思う作品はやはり上位に入っており、特に上位は期待を裏切らない名作ばかりです。

まだ観たことがない作品だけでなく、あの頃を思い出す意味でも、気になる作品があれば是非チェックしてみてください!

それではまた!!

関連 動画配信(VOD)の特徴と見放題で定額制サービスの比較ポイント

スポンサーリンク
たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!