Amazonと楽天を併用するなら「もしもアフィリエイト」がおすすめ!

スポンサーリンク

トップ

直接紹介した商品が売れなくても、Cookieが残ることでクリックさえしてもらえれば報酬の可能性がある、Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイト。

ただ、Amazonは審査に通るのが厳しかったり、楽天は3,000円の確定報酬がなければ楽天ポイントでしか貰えないなどの問題もあります。

そこでおすすめなのが、Amazon・楽天ともに「もしもアフィリエイト」経由で運用すること。

今回の記事では、僕が実際に「もしもアフィリエイト」で運用してみた上での、メリット・デメリットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

Amazon・楽天を「もしもアフィリエイト」経由にするメリット

報酬料率が全く同じ

「もしもアフィリエイト」はAmazon・楽天ともに報酬料率が全く同じです。

Amazonは上記画像の料率、楽天は購入金額の1%

特にAmazonアソシエイトの審査が受からず、A8などASP経由で紹介すると料率が下がってしまうので、「もしもアフィリエイト」を利用したほうが絶対にお得です。

最低振込額は1000円〜、しかも振込み手数料無料!

Amazonも最低1,000円から振込みができますが、指定する銀行口座によっては振込み手数料が高いのが痛いところ。

「もしもアフィリエイト」だと同じ1,000円から振込みしてもらえて、手数料は無料です。

もう1つ大きいのが、楽天の報酬が1円からポイントではなく現金で換算されるということです。

公式の楽天アフィリエイトだと、ポイントじゃなく現金が貰えるのは月に3,000円以上の成果報酬からなので、購入金額の1%の料率じゃ正直ハードルが高いんですよね…

しかも3,000円を超えても、楽天銀行+楽天カードを持っていないと現金じゃ貰えない謎の仕様だったりします。

参考 楽天アフィリエイト:成果報酬の支払い方法について

その点「もしもアフィリエイト」であれば、楽天の報酬が数百円であっても、Amazon報酬と合わせて月に1,000円超えれば現金として振込まれるのは嬉しいです。

楽天はW報酬制度に対応している

W報酬

W報酬制度とは、確定金額の10%を「もしもアフィリエイト」がプラスして払ってくれるという何とも有難い制度。

残念ながら2014年の料率改定以降、Amazonは対象外になってしまいましたが、楽天は今でも対象です。

これは1,000円の確定金額なら1,100円振込まれるということですので、料率が同じなのですからお得しかないですよね!

もしもアフィリエイト 公式サイト

Amazon・楽天を「もしもアフィリエイト」経由にするデメリット

Amazonとの提携には審査がある

Amazonアソシエイトの審査に落ちても、「もしもアフィリエイト」の審査に受かる可能性はありますが、100%提携できるわけではありません。

(逆に言うとAmazonアソシエイトの審査に落ちても、「もしも」で試すと受かったりします)

また、楽天は審査なしで提携できますが、「楽天市場」と「楽天ブックス」に案件が別れていますので注意してください。

リンクを「もしもアフィリエイト」に貼り替える必要がある

これまでAmazonアソシエイト・楽天アフィリエイトのリンクを記事に貼っていたならば、リンクを貼り替える必要があります。

これが大量にあると非常にめんどくさい(;´Д`)

僕は「もしもアフィリエイト」に完全に切り替えたかったので気合いを入れてやりましたが、まぁ過去記事の修正がてらやると思えばいいんじゃないでしょうか。

ただ、換金額に達していないAmazon・楽天報酬はムダになるので注意してください。

「Amazon JS」などのプラグインが使えない

AmazonアソシエイトIDの入力を必要とする、リンク作成ツールが使えなくなるので注意です。

ただ、僕も使っている「カエレバ」「ヨメレバ」というツールは「もしもアフィリエイト」のIDにも対応していますし、以下のようにAmazonも楽天も一緒に紹介できますので、ユーザーを取りこぼさないという点ではむしろこっちの方がいいと思います。

案件を提案してくれる「自動マッチング機能』も初心者には嬉しい

自動検知

登録しているサイトが、「もしもアフィリエイト」に取り扱いのある広告と相性のいい検索キーワードである程度上位表示できていると、画像のようにおすすめの案件を提案してくれます。

まだまだ取り扱いの案件数が少ないのでマッチング件数も少ないのですが、自分では気付かなかった案件に気付かされたりもしますので、こういう機能もアフィリエイトを始めたばかりなら嬉しいですよね!

もしもアフィリエイトでAmazonで売れた商品を確認する方法

「もしもアフィリエイト」もいいけど、Amazonで売れた商品のデータが見れないというご意見を頂きましたので、確認する方法を追記しておきます。

サイトのTOPから「売上レポート」画面に移動したら、「プロモーション」を選択。

あとはデータを抽出したい期間を選んで、Amazonの「商品情報」というボタンを押せばcsvファイルがダウンロードできます。

楽天市場も同じやり方でデータがダウンロードできるのですが、こちらはショップ名と金額しか出ないのでどんな商品が売れたかまでは確認できません。

(楽天アフィリエイト自体も同じ仕組みだった気がします)

まとめ:収益が少ない方こそ「もしもアフィリエイト」がおすすめ!

もうAmazonアソシエイトで充分に収益が発生している方なら、わざわざ切り替える必要はないかなと思います。

手数料や最低振込み金額も、収益額が多ければ問題にならないでしょうし。

逆にまだまだ収益が発生していない方ならば「もしもアフィリエイト」は本当におすすめです。

例え1,000円であっても、毎月実際に振込まれるというのはモチベーションに繋がりますよ!

もしもアフィリエイト 公式サイト

当ブログを開設したのは2015年1月なんですが、アフィリエイトを始めたのが2015年4月からなので1年半ほど経ったことになります。 具...

▲ブログでアフィリエイトをやるならこちらの記事も読んでみてください。

スポンサーリンク
たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!