あとで後悔しないために絶対読んでほしい職業訓練終了後の再就職の話

スポンサーリンク

トップ

いきなりですが、職業訓練が終わった時に、次の就職先が決まってる人ってどれくらいいると思いますか?

僕が受講した「パソコン初級科」の場合、受講生25名の内、卒業時に就職が決まっていた人は10人以下でした。

つまり2/3の人は卒業後も就職活動を続けていたことになります。

受講内容が悪いとか、講師が悪かったとかそういう話ではありません。

期間中に受講生がどのような考えで過ごしていたかによって明暗が別れるのです。

今回は実際に職業訓練校を受講した僕の体験を元に、再就職を目指す上で大切な受講中の過ごし方についてお話していきます。

スポンサーリンク

職業訓練校を卒業する必要はない

必要ない

実際に3ヶ月受講した僕が公共職業訓練校をおすすめする5つの理由」でも書いた通り、勉強したい内容であれば職業訓練を受講することにはメリットがあると僕は考えています。

しかし、職業訓練校を卒業することには意味がありません。

職業訓練は高校や大学のように、卒業することで経歴として残せるものではないので、次の仕事に活かせるスキルや資格を身につけることが目的なのです。

これは僕が勝手に思っていることではなく、職業訓練の中で講師の方も、訓練中に入社したい会社があれば積極的に就職活動をするべきと言っていました。

なので訓練終了→再就職ではなく、訓練中でも条件に合う会社があれば就職活動をする意識が重要です。

授業は期間ギリギリまで行われるワケではない

授業

あくまで僕が受講した「パソコン初級科」の話にはなりますが、3ヶ月間の期間中、授業があったのは2ヶ月間のみで、残りの1ヶ月間は資格取得のための自習と、就職活動のための履歴書や職務経歴書の作成をする時間でした。

他の職業訓練を受けたことがないので確証はないのですが、期間ギリギリまで授業をしては卒業するまでは就職活動が出来なくなることになるので、どの講座でも最後まで授業が行われることはないと思われます。

そうなると多くの人は授業が一段落し、最後の1ヶ月になって就職活動を本格化させることになるのですが、これが卒業時に就職先が決まっていない大きな原因です。

そんなに上手く1ヶ月後に入社できる会社を見つけられない

見つからない

もちろん会社を全く選ばなければ違うでしょうが、自分の条件にあった会社となると、そんなにタイミングよく求人があるでしょうか?

人によっては、職業訓練が終わると同時に失業保険の受給が終了してしまうので、すぐに働ける場所を探さなくてはいけません。

でも時期によって求人は変わってくるので、卒業のタイミングで入社できる会社を見つけられず、結局アルバイトで生活費を稼ぎながら就職活動をしなければならなくなった受講生もたくさんいました。

そんな方も、もっと早くから自分に合った求人を探してさえいれば、例え卒業前であったとしても、授業が終わり必要なスキルは学んだ段階で、再就職できたかもしれません。

ですので授業を受けている段階であっても、自分に合った求人が出ていないか情報収集をしておくことが重要です。

また、卒業までに就職を決めていた受講生はハローワークの求人だけでなく、転職サイトを上手に活用していたので、まだ利用していなければ登録しておくことを強くおすすめします。

転職サイトの3つのメリット

3つ

転職サイトの中でも特におすすめなのが「リクナビ」です。

転職者の約8割が使っているサービスですし、登録も無料で、企業を紹介してもらってもお金は一切かかりません。

リクナビNEXT

「リクナビ」の利用するメリットは、大きく分けて3つあります。

ハローワークにはない求人情報がある

ハローワークの求人が悪いというワケではないのですが、どうしても地元の中小企業の求人が多く、大手の求人が少ない傾向があります。

なにより1番大きいのが、「リクナビ」に掲載されている8万件を超える求人の内、約87%が「リクナビ」にしか掲載されていない求人ということです。

こういった求人はハローワークでは絶対に見つけることができませんので、自分に合った会社を見つけるためにも、転職サイト・ハローワークの両方を利用する必要があります。

自分の経歴に合った求人を検索できる

パーソナルダッシュボード

「リクナビ」登録時に入力する職務経歴によって、自分の条件や経歴に合った求人を集めてくれる機能があります。

まぁ同じような求人が多くなるのはちょっとあれですが、経験のある業界の求人が出やすくなりますので、見ておいて損はないと思います。

また業種・勤務地・年収などの希望条件を入力しておくことで、より求人結果の精度が上がります。

地味にあなたと同じ経歴の方は、平均16件応募したら転職が決まりやすい、というような情報もなかなか自分では分からないので参考になりますね。

もう1点。

自分に合った求人を見つけるという意味では、リクナビに登録している人だけが利用できる「グッドポイント診断」という機能をぜひ使ってみてください。

30分でできる本格的な診断サービスなんですが、質問に回答していくことで自分の強みを把握することができますので、面接の際に自分をアピールしやすくなると思いますよ。

企業からスカウトされる可能性がある

スカウト登録

僕が「リクナビ」を利用する1番のメリットだと思うのがこのスカウト登録。

登録してある経歴などを見た企業から、スカウトがやってくるという仕組み。

就活してるのに向こうからオファーが来るってすごくないですか??

まぁ僕も登録する前は、『そんなこと言ってどうせオファーとか来ないでしょ?』って思ってたのですが・・・

来ます!

むしろめちゃくちゃ来ます!! 

オファー

企業名は伏せさせていただきますが、このように通常公開されていない、非公開案件のオファーが来たりもします。

オファーしてくるのがこちらの希望する業種かどうかは分かりませんが、普段自分が検索しない企業からのオファーは、新しい就職先の可能性になることもありますよ!

職業訓練を受講しながらも、「リクナビ」に登録しておくことで常に情報収集ができますので、とりあえず登録だけはしておくべきだと思います。

自分以外のみんなは使ってたなんて、後で分かっても時間は戻ってきませんので…

リクナビNEXTの無料登録はこちらから

より専門的な科目を受講されている方は

IT関連や社会福祉など、専門的な科目での職業訓練を受講されている方もいらっしゃると思います。

もちろんリクナビには専門的な職種での求人もたくさんありますが、専門職だけに絞った求人サイトもありますので、ご自身の勉強されている分野の求人サイトがあれば、合わせて登録をしておくことをおすすめします。

情報技術(IT)関連

マイナビIT

多数ある転職サイトの中でも、特にITに力を入れているのが「マイナビエージェント」です。

大きいのは登録者1人1人に、IT業界専門のキャリアコンサルタントがついてくれて、履歴書や面接の対策から、給与面での企業との交渉までを行ってくれることです。

企業側からの手数料のみで運営されているため、登録から実際に転職が決まるまでのサポートはすべて無料ですし、IT関連の非公開求人が多数あるので他の求人サイトでは見つけられない企業が多数あるのも特徴のひとつ。

IT系は関東の求人が多いのは仕方ないのですが、関東以外の地域での求人もありますし、地方でコンサルタントとの面談ができない場合は電話での相談もできます。

担当のコンサルタントがつくと言っても、紹介された求人に必ず応募しなくてはいけないわけでもありませんので、IT業界の情報を教えてもらうという意味で登録するのもいいかもしれません。

マイナビエージェント 公式サイトはこちら 

電気・機械・自動車などのエンジニア関連

電気・機械・自動車などモノづくり系の転職サイトでNo.1と言われるのが、「メイテックネクスト」です。

こちらも同じく転職が決まるまで無料でサポートを受けることができますし、業界未経験でも大丈夫な求人が多いのも嬉しいところ。

「メイテックネクスト」はサービス利用の期限がないので、登録したからといってすぐに面談する必要もなく、不安な方はメールや電話でのやりとりから始めることもできます。

また、しばらく先の転職活動にも相談に乗ってもらえますので、職業訓練の受講中から登録をしておくと、受講終了間際になって焦る心配もなくなると思います。

「メイテックネクスト」も遠方にお住まいの方は電話やメールでも対応してもらえますよ!

メイテックネクスト 公式サイトはこちら

介護サービス関連

クリックジョブ介護

介護関連の転職サービスでユーザーの満足度が高いのが「クリックジョブ介護」です。

登録すると担当者がついてくれるのですが、こちらの希望条件をしっかり確認の上、自分に合った求人を紹介してくれる誠実さが評価が高い理由の1つと言えます。

担当者がつくと聞くと正社員の求人しかないようなイメージがありますが、「クリックジョブ介護」は契約社員やアルバイト・パートでも利用することができますし、資格を持ってない方でも大丈夫です。

経験者の方はもちろんですが、これから始めて介護の仕事に就く方こそ利用したいサービスですので、ぜひ登録して話を聞いてみてください。

もちろん登録から仕事が決まるまで無料で利用することができますよ!

クリックジョブ介護 公式サイトはこちら

まとめ

  • 職業訓練中でも条件が合えば積極的に就職活動をする
  • そのためにも情報収集は常に行っておく
  • ハローワークと転職サイトの両方を利用する

まだ時間はあると思ってゆっくりしていると、あっという間に卒業の時期は来てしまいます。

最高のスタートを切るためには、早め早めの準備が何よりも肝心ですよ!

それではまた!!

この記事を読んだ方はこちらもチェック!

再就職手当とは?条件や金額、ハローワークでの手続き方法まで解説!

失業保険受給中、本当にお金がなかった僕がやった5つのこと

『たもトピ』失業関連記事まとめ【失業保険の仕組み、職業訓練、お金の話】

スポンサーリンク
たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

あとで後悔しないために絶対読んでほしい職業訓練終了後の再就職の話
この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!