泣けるアニメなら切ないけど心が洗われる「あの花」がマジでおすすめ

スポンサーリンク

あの花 hulu

間違いなく僕がこれまで観てきた中で、1番号泣したアニメ「あの花」。(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない)

 

今まで3回ほど1話から最終話まで見直してるんですが、結末分かってるくせに何度観ても泣ける。

泣けるっていうか涙腺が崩壊します。笑

 

ネタバレなしでどこまでお伝えできるか分かりませんが、「あの花」の魅力をご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

「あの花」ってこんな話

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

予告編(1分30秒) アニメ観た後だとこれだけでも泣きそう(;´Д`)

 

幼い頃は仲が良かった宿海仁太本間芽衣子安城鳴子松雪集鶴見知利子久川鉄道ら6人の幼馴染たちは、かつては互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成し、秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、高校進学後の現在では疎遠な関係となっていた。

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた6人は再び集まり始める。-Wikipedia

 

最終話を見終わると、涙も鼻水も出まくって放心してる中、切なさが押し寄せてきます。

 

でもその後に、身近にいる家族や友達、恋人を大切にしたい。そんなことを真剣に考えてしまう。

 

側にいて当たり前と思っていると、いつか後悔するということに気づかせてくれる。

 

そんな作品です。

 

「あの花」は50代の男性上司も涙する・・・

上司 泣く

前職のレンタルビデオ店勤務の時の上司が、元ヤクザなんじゃないかってぐらい雰囲気がある人だったんですけど、以外とハートフルな映画が好きだって話から「あの花」を薦めてみたんです。

 

そしたらばっちり涙腺が崩壊したらしく、しばらくの間仕事そっちのけで「あの花」話に付き合わされるぐらいハマってました。

主題歌まで覚えてましたからね!笑

 

年齢がいくつであっても、大切なことを思い出させてくれる力が「あの花」にはあります。

 

僕のほかにも泣いてる方がたくさん…

 

ついにHuluでも「あの花」配信開始!

「あの花」以外にも、「PSYCHO-PASS サイコパス」「のだめカンタービレ」「坂道のアポロン」など、フジテレビの「ノイタミナ」枠で放送されていたアニメがHuluで順次配信されます!(あの花はすでに配信中)

 

2週間のお試し期間なら、無料で観れちゃうのもHuluの良いところなんですが、1番のメリットはいつでも好きな時に観れること。

 

レンタルでよくある、

 

早く2巻返してくれないと続きが観れないじゃないか(;´Д`)

 

なんてこともありません。

 

興味のある方は登録して1話目だけでも観てみてくださいね!

2週間無料で視聴できる Huluへの登録はこちらから

 

Hulu(フールー)のメリット・デメリット、登録方法から解約方法まで徹底解説!
2週間の無料お試し期間があったので、動画配信サービスのHuluに登録してみたのですが、すっかりハマってしまいまして、お試し期間後も継続して利用しています。 今回は実際に使ってみた感想をもとに、Huluのメリット・デメリットを評価し...

▲Huluについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

まとめ

「あの花」は年齢・男女問わず、普段アニメを観ない方にも是非1度観てみてほしい作品です!

見終わって誰かと共有したくなったら、僕にもtwitterで話しかけてくださいね(*´Д`)

 

それではまた!!

 

定番だけど絶対に観てほしい!おすすめの泣ける映画10選【洋画・邦画・アニメ】
大人になると、ちょっと辛いことや悲しいことがあっても、なかなか泣くまではいかないですよね。 だからか、僕はたまに『思いっきり泣いてすっきりしたい!』って日があります。特にちょっと寂しい夜とか。笑 そこで今回はこれまで観た映画の中...

▲泣ける作品はこちらの記事でまとめてます。

漫画・アニメ
スポンサーリンク
\この記事をSNSでシェア/
この記事を書いた人
たもつ

福岡市在住。86年生まれ。2014年にうつになり失業。そこから会社に属さない生き方を目指してブログを始め個人事業主に。現在は動画など色々なコンテンツ制作にも挑戦中。お仕事のご依頼受け付けてます。詳しくはプロフィールページをご確認ください。

\たもつをフォローする/
たもトピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました