【戦国布武】足軽大将に上がったら変わること・やっておくこと

足軽大将に上がったということは、少なくとも1回は統一できた人が多いと思います。

ゲームにも慣れて少し楽しくなってきたところでしょうか。

足軽大将に上がると新しく解放される機能や仕組みがあります。

今回はその部分の紹介と、足軽大将にいる間にやっておきたいことの解説です。

足軽大将になったら変わること

待機エリアが解放

足軽時代は戦局が終わるとすぐ次の戦場に移動してましたが、足軽大将以降は待機エリアに戻ってくることができます。

ここで問屋や計略を回したり、武将の編成など準備ができるようになりました。

何より大きいのが自分のタイミングで戦局に入れるようになったことですね。

やっぱり戦局にいる間は気になってアプリを開いてしまいますが、待機エリアなら安心して放置できますw

同じ官職でもレベルによって戦局が分かれる

今後どの官職でもそうですが、自分の君主レベルによって前半と後半にプレイヤーが分かれます。

足軽大将の最大レベルは13なので、10と11が前半、12と13が後半です。

何が言いたいかと言うと、同じ足軽大将でも主君レベルが上がって後半になれば、対戦相手のプレイヤーも強くなるということです。

自分より経験があったり、武将を強化しているような人も増えますからね。

とはいえまだまだ足軽大将ですし、ビビることはありません!

が、君主レベルはしっかり意識して、前半のうちに出来るだけの強化はしておきましょう!

次の官職に上がるのには石高が必要に

足軽大将に上がるときと違い、次の侍大将に昇格するには石高というポイントを稼ぐ必要があります。

石高は新しい戦局に入ったときに少し増えますが、基本的には他のプレイヤーを倒すことによって増やさなくてはいけません。

逆に倒されると本当は石高が減るんですが、足軽大将では減らないようになってますね。

もらえるポイント数は倒すプレイヤーによって変わるのですが、上の写真じゃ超絶分かりにくい…w

プレイヤーを倒したときの石高をまとめると…

  • 最大城数が4城まで ⇨ 0
  • 最大城数が5〜9 ⇨ 10
  • 最大城数10〜19 ⇨ 20
  • 最大城数20以上 ⇨ 40

気をつけたいのは今の城数ではなくて、そのプレイヤーが取った最大の城数で変わることです。

プレイヤーの最大城数は外交画面の志(こころざし)で判断することができます。

どの志が何城なのかは、右下の説明欄で確認してください。

もう1点。

基本的には最後の城を落としたプレイヤーにポイントが入るようになってますが、もし途中で降伏したプレイヤーがいた場合、そのプレイヤーの城を落とした数が1番多い人にポイントが入ります。

もう少し同じ官職でまったりしたいからポイントいらないってときは、トドメだけでなく落とした城数にも注意してください。

統一 or プレイヤーを倒して宝箱をゲット

統一するかプレイヤーを2人倒す毎に宝箱がもらえるようになりました。

まだレア度が低くて大した物は入ってませんが、官職が上がるにつれて宝箱の中身もグレードアップしていきます。

開ける順番は入れ替えることができるので、レア度の高い宝箱を優先して開けるようにしましょう。

装備が+1まで強化できる

同じ装備を組み合わせて強化できるようになりました。

レア度の高い装備を強化するとかなり能力が上がるので、今後は装備の差でも強さが変わるようになってきます。

装備について書いた記事でも説明しましたが、少なくとも青以上、できれば紫や橙の装備を買って強化していきたいところです。

強化することで装備できる人数が限られるので、まずは1軍の武将に優先して装備させるようにしてください。

また、官職が上がるとさらに強化できるようになるので、余った装備もできるだけ売らずに取っておきましょう!

週末イベント・期間限定イベントに参加できる

足軽時代にはできなかった週末イベント、期間限定イベントに参加できるようになりました。

これらは待機エリアからしか参加できないので、開催日時をチェックして入れないことがないよう気をつけてください。

『武魂を制する者は戦国布武を制す』 そのぐらい武魂をどう集め、どう使うかがこのゲームの強さを決める大きな要素になっています。 で...

▲週末イベントのおすすめ交換アイテムを紹介してます

足軽大将にいる間にやっておきたいこと

武将を60人集める

次の侍大将に上がると「副将」機能が解放されますが、そのためには60人以上の武将を持っている必要があります。

(※副将についてはまた別の記事で解説する予定です)

なので募集は、1つのエリアの緑・青武将を全部集めたら次のエリアに行く。

ぐらいの感じでいいと思います。

地域を変更するには、「登用」画面の変更をクリック。

次に登用したい地域を選んで、決定を押せば完了です。

緑武将の使いやすさを考えて、「東・畿」→「奥・関・甲」→「中・九」の順がおすすめ。

緑武将を中心に進化させて2軍まで作る

足軽大将なら緑を星5まで進化させておけば、100%は勝てないものの負けにくい部隊は作ることができます。

が、緑オンリーだとこの先は辛くなってくるのが目に見えているので、自分が引けた橙・紫・青からスキル的に連携が取れる武将を選んで進化させていきましょう。

ただ、たくさんの紫・橙に少しずつ星を入れてると、これはこれで後から泣きを見るので、無課金・微課金ユーザーなら、緑以外の進化させる人数は3〜4人といったところでしょうか。

特にリセットコストの高い橙・紫の進化人数を絞っておくことで、編成の変更が必要になったときにもすぐに対応できます。

僕の編成例

戦国布武はスキルや能力を見ながら編成を考えるのが面白いとこなので、あくまで参考にして自分なりの部隊を作ってみてください!

まずは豊臣秀頼・高坂昌信を中心にした計略部隊。

ホントはこれに前田利常を入れたいんだけど出やがらねぇ!緑のくせにww

編成のポイントとしては、デバフ消しの2人は入れてるものの、物理は最小限にしてることでしょうか。

いや本当に前田利常はよ…

2軍は逆に緑を中心にした物理部隊にしてます。

初期武将である丹羽長秀とは奮闘スキルで相性良さそうなんですが、星が回らそうなので却下。

対人戦だと攻撃力不足が否めませんが、高レベル城に兵を詰め詰めしてる人がいるので、1・2軍の片方は物理作っとくと攻城にイライラせずに済みますよw

足軽大将〜侍大将ぐらいまでは戦力の中心となる緑武将。 星5まで進化させれば無進化の橙・紫武将にも負けませんので、序盤はまず緑を優先して...

▲おすすめの緑武将はこちらでまとめてます

まとめ

無課金だと侍大将あたりからキツくなってくるようですが、小史の武魂リセット・特別登用時間半減までは早く行きたいので、準備はしつつ駆け足で上がっていく予定です。

足軽大将あたりで分からないことがあればぜひコメント欄まで!

それではまた!!

足軽大将に上がったときも変わりましたが、侍大将でも色々と追加要素があります。 特に副将や兵種はやっておかないと他プレイヤーと差がつ...

▲侍大将に上がったらこっちもチェック!

戦国布武
Twitterで更新をチェック

戦国布武専用のアカウント(@sengoku_tm)で更新情報をお知らせしています。

たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!