今年から売上増えたブロガー(アフィリエイター)が今やっておくべき税金関連の基本的なこと

今年も半分終わったからか、Twitterでも『売上○万いきました!』ってツイートをよく見るようになりましたね。

僕も初めて稼げるようになった年のことはよく覚えてるんで懐かしい気持ちで見てますが、あとから必ずやってくるのがそう。税金です。笑

ちょうど6月は納税書が一気に送られてきてゲンナリしてる時期でもありますし、1年目でも最低限これだけはやっとけ!ってことをまとめておきます。

税金用のお金は”ちゃんと”残しておく

僕が1番後悔してるのが、税金用のお金をちゃんと残しとかなかったこと。

正確に言うと自分では残してたつもりでいたんだけど、全然足りてなかったってことですね。

参考までに2016年の僕の年商が約600万。経費を引いて利益が500万ぐらい。

んで次の年に払った税金が…

  • 所得税:40万
  • 住民税:40万
  • 健康保険:36万
  • 年金:10万
  • 個人事業税:忘れました…

合計で130万以上。これに来年分の所得税も早めに払ってーって仕組みの予定納税までやってくる始末。

『1/4も税金で持ってくんすか…』『もう車買えますやん…』ってマジで思いましたw

こんなに税金くるって知らなかったので、経費のことも軽く考えてたのもありますね…

もっと売上ある人たくさんいるんで可愛い方ですが、2年目は税金払いながら来年分のお金も残しとかないといけないんで、結構きつかったです。

みんなはまとまったお金が入ってきても、キャバクラなんて行かないでしっかり残しておいてくれよな!

個人事業主が納める主な税金は、所得税・消費税・個人事業税・住民税の4種類です。これらの税金の計算方法、納付時期、納付方法など、個人事業主の税金に関する情報をまとめました。

▲個人事業の税金についてはこの記事が参考になります

今からできる税金対策のTips

とりあえずレシートと領収書はもらっとけ!

1年目はそこまで気にしてなかったけど、税金の額を見て2年目から猛烈に集めだしたのがレシートと領収書w

  • 飲み会
  • 行き帰りのタクシー代
  • 作業するために行ったカフェ代
  • ノートなどの文房具
  • etc…

カード払いにした場合や、Amazonなどで買った商品は1年ぐらい明細が残るのでいいですが、現金払いした際はしっかりレシートor領収書を残しておきましょう。

たまに「そこまで売上ないから領収書いりません」みたいな人がいますが、アフィリエイトなんていつ売上が爆上げするか分からないんだから、そうなる前からきちんと集めておくべき。

経費に入れるかどうかなんて後からでも決めれるんですよ。レシートと領収書さえあれば。

もらった領収書(レシート)は、裏に

  • 日付
  • 金額
  • 誰と行ったか

などをメモしておいて、月毎に分けた封筒にでも入れておくでOK。

悪いことは言わないんでしっかり最初からもらっときましょう!

今日、確定申告用の書類を税務署に提出してきましたので、あとは税金を3月15日までに支払えば2回目の確定申告も終了です。 で。あらためて...

▲経費になりそうなものまとめてます

所得控除になる仕組みも検討する

ここではそれぞれを詳しく説明することは避けますが、個人事業主がやれそうな所得控除はざっと

  • ふるさと納税
  • 小規模企業共済
  • iDeCo(確定拠出年金)
  • 付加年金(or国民年金基金)

などがあるので、利益が増えてる場合はちゃんと制度を理解した上で利用するのがいいですね。

ふるさと納税・小規模企業共済あたりは12月とかでも申請できるので、それまでの売上を見てから検討するでもいいかもしれません。

個人事業主のための退職金制度「小規模企業共済」。 これのメリット・デメリットについて、アフィリエイターの俺が書…

▲アフィリエイトの所得控除については、とんまあさんのブログが分かりやすいです

開業届を出して青色申告

今年の1月から始めた当ブログの運営も、確定報酬が月10万円に近づいてきましたので、個人事業主としての開業届と青色申告を申請してきました。...

個人事業としてやっていくなら、開業届を出して青色申告の一択ですね。65万円の控除を見逃す手はありません。

ちょうど1年前は初めての確定申告ということもあり、この時期に1年分の売り上げや経費をヒーヒー言いながら入力してたのですが、今年はもうすで...

唯一のデメリットは複式簿記で書類を作って確定申告しなくちゃいけないことですが、「freee」「やよい」「MFクラウド」などの会計ソフトを使えば、初心者でもちゃんと出来るようになります。

会社員の副業でも開業届を出すかどうか

僕は会社を辞めてからこの仕事を始めたので、正確なことは分かりません。

ただ、お金のことだけを考えれば、確定申告が必要になる年20万円以上の利益があるなら青色申告にすべきです。

副業を行っている場合や、不動産所得などを得ている場合、確定申告が必要になります。その際、どうせなら節税効果の高い青色申告を選びたいと考えている人も多いでしょう。 しかし、実は副業を行っているすべての人が青色申告できるわけではありません。今回はサラリーマ...

とはいえメリットだけじゃなく、失業保険が貰えなくなるなどデメリットもあるようなので、会社が副業OKかも含めてご自身の状況で判断してください。

確定申告用の帳簿付けは今からやっとく

毎年3月前後になると『確定申告やばい』的なツイートが増えますが、1年分まとめてやろうとすればそりゃそうなります。

という僕も1年目はまとめてやりまして、会計ソフトの使い方はよく分からないわで、めちゃくちゃ時間かかりましたw

その反省を活かして2年目からは毎月1回、月初に帳簿付けするようにしてるんで、確定申告の作業も1時間ほどで終わってあとは出すだけって感じです。

特に初めての確定申告は時間がかかって当たり前なので、今から会計ソフト使って少しずつやっておきましょー!

まとめ

特に目新しい情報はなかったかもしれませんが、思い出しながら1年目から知っておきたかったことをまとめました。

もしやってないことも半年あればまだ修正できますので、取り組んでみてくださいね!

それではまた!!

たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!