WiMAXのおすすめプロバイダを徹底比較!特徴や料金まで解説します!

スポンサーリンク

トップ

『WiMAXって名前は聞いたことあるけど、他のポケットWi-Fi と何が違うのかよく分からない!』

『同じWiMAXでも提供している会社がいっぱいあって、結局どこと契約したらいいの??』

今回はそんな方のために、WiMAXの特徴や運営会社(プロバイダ)の違い、料金プランから端末の性能の違いまで徹底的に解説していきます。

僕が実際にWiMAXと契約する前に調べたことや、使ってみた感想を元にまとめてますので、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめのプロバイダだけ知りたい方はクリックでジャンプします

スポンサーリンク

WiMAXの特徴

通信制限がない

WiMAXの最大のポイントは、月に7GBなどの通信制限がないところです。

7GB制限の目安の記事でも書きましたが、高画質の動画を視聴すると、あっという間に速度制限がかかってしまいますので、使う通信量を気にしたくない方にはWiMAXはベストな選択肢だといえます。

※追記

2015年の5月29日からWiMAXでも3日で3GB以上の通信をすると速度制限が始まってしまったのですが、これまでWiMAXの広告に『通信制限なし』の表記があったことから、ユーザーからの不満の声が高まり、集団訴訟をするという話にまでなりました。

それを受け、WiMAXの大元であるUQWiMAXから今後の対応を見直す旨の発表があっています。

関連 「3日間で3GB」制限に関する今後の対応について【UQWiMAX】

内容をまとめると、より利便性の高い運用方法が決まるまで3日で3GB制限は継続させてもらうが、制限後の速度に関しても現状よりも速度を上げ、制限後の不便を緩和できるよう努力するとのことです。

※追記2

2017年2月から速度制限がさらに改善されています。

関連 WiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について【UQWiMAX】

今回の変更でこれまで3日で3GB以上の通信をすると速度制限がかかっていたのが、3日で10GBの通信をするまでは制限をかけないとありますので、短期間でよっぽど使わない限りは速度制限にはかからないと思ってもらって大丈夫です。

通信速度・エリアともに改善されている

契約する前までは、WiMAXは使い放題だけど速度が遅くてエリアが狭いという認識でした。

しかしWiMAX2+という新しい回線ができて、速度は劇的に速くなっています

あくまで最大速度にはなりますが、端末によってはキャリアアグリゲーションに4×4MIMOという技術も加わり、下りの最大速度が708Mbpsまで上がりました。

まぁ解説見てもよく分かんないですね…

とりあえず速くなったと覚えておけばOKですw

ちなみに下りの速度はWEBサイトを閲覧したり、ダウンロードしたりする際の速度。

反対に上りはデータをWEB上にこちらから送るアップロードの際の速度なので、主に下り速度を比較して検討するといいでしょう。

僕は「Hulu」という動画配信サービスを使っているんですが、WiMAXの通信で映画なんかを観ても、途中で止まったり違和感を感じることはほとんどありません。

関連 WiMAXの電波は悪い?速度は?3年近く使ってる僕の正直な感想

エリア

また、通信エリアも格段に広がっていて、都心や政令指定都市、県庁所在地など中心部では間違いなく電波が入ります

しかし山間部など、都市から離れた場所だと電波が弱くなるので、普段使う場所が電波が入るかどうか確認しおかなかればなりません。

サイトのエリア確認画面から、『ピンポイントエリア判定』で特定の住所での電波の入り具合を調べることができますので、契約前に必ずチェックしておきましょう!

この判定で✕の判定が出た方は、LTE回線などを利用した他のモバイルWi-Fi を利用を検討してください。(僕の自宅では○~△の判定がでました)

普段使われる場所のエリア判定が悪いんだけど、通信制限のないWi-Fiを使いたいという方には、docomo回線を使ったLTEポケットWi-Fiがおすすめです。

関連 docomo回線を使用した通信制限がないWi-FiとWiMAXの違いを徹底比較【ONLY Mobile】

ただ、普段使う場所は電波が入るけど、たまに入らない場所でも使うぐらいであれば、その時だけスマホのテザリングを使うのもありだと思います。

家の中でも電波は入る?

家の中で電波が入らないというレビューも多く、契約する前は気にしていたのですが、実際は部屋の中でもガンガン入ってます

ただ、iPhoneやパソコンにつないで他の部屋まで離れたりすると電波が弱まりますので、家族全体でWiMAX1台を使うとなると不便かもしれません。

1人暮らしの方や、自分専用で使うのであれば全く問題ないと思います。

WiMAXはこんな方におすすめ

  • 動画をよく視聴するなど、通信量の多い方
  • 都市部にお住まいの方で、1つのWi-Fi で家でも外でも使いたい方
  • auのスマホや携帯を使用している方(割引きがある)
  • スマホのパケ放題を外してWiMAXを中心に使い、トータルの通信費を下げたい方

料金プラン

WiMAXを取り扱うプロバイダは20社近くもあるのですが、月額の料金にほとんど差はありません。

プロバイダ毎に名前は違えど、WiMAX2+に7GB制限があるかないかで料金が変わってきます。

  • 制限あり⇒約3,900円
  • 制限なし⇒約4,600円

はっきり言って、7GB制限があるならWiMAXよりもエリアが広くて安いWi-Fi がありますので、WiMAXを使うなら絶対に制限なし(ギガ放題プラン)で契約するべきです

WiMAXなら使い放題なので、もし固定回線も契約している方は解約してWiMAXに1本化する。

またはスマホのパケット定額プランを解約して使った分だけの課金制に変更するなどすれば、トータルの通信料を大幅に減らすことができます。

auスマホ(携帯)の方はWiMAXがお得

auスマートフォンを使っている方で、対象のデータ定額プランに加入中の方は、WiMAX2+対応端末を契約することで、auスマートフォン利用料金から最大1,000円割引きになります。(auスマートバリューmine)

WiMAXの利用料金からは値引きされませんが、実質7GB制限なしでも、月額3,400円ほどで使用できることになり、auユーザーの方はとってもお得です。

僕もauスマートバリューmineがあるので、機種変更のタイミングでSoftBankからauに乗り換えました。

参考 auスマートバリューmineとは

※加入条件がプロバイダによって違う可能性がありますので、契約されるプロバイダの条件も確認ください。

WiMAXで使える2つの回線

WiMAXには2つの回線がありますが、選ぶ端末によって使える回線が変わってきますので、まずはそれぞれの回線の特徴を抑えておきましょう!

WiMAX2+回線(ハイスピードモード)

ハイスピード

新しく誕生した、現在のメインとなる回線。

実際に使っていて、遅いと感じることはほとんどありませんが、料金プランによっては通信が月間7GBを超えると、急激に遅くなってしまうので注意。

制限なしのプラン(ギガ放題プラン)でも直近3日間で10GB以上通信すると速度制限がかかるとありますが、2017年2月の速度改定以降、個人的には遅くなったと感じたことはありません。

au 4GLTE回線(ハイスピードプラスエリアモード)

ハイスピードプラスエリア

au 4GLTE回線をWiMAXの端末で使えるモード。

LTE回線なのでWiMAXより通信エリアも広く、電波も安定しているのですが、使用した月は通常の月額料金に1,004円のオプション料金が加算されます。

僕は料金の加算が嫌で使用していないのですが、1,004円で7GBまで通信できますので、スマホのパケ放題よりはかなりお得です。

パケ放題を解約してる方が、WiMAXのエリア外で利用する分にはかなり使えそうです。

端末の比較

端末の違いでサイズや重さだけでなく、最大速度や選べる回線が変わりますので、違いを確認しておきましょう!

新しい端末順に並べています。

W05

下り最大速度:708Mbps

対応モード:ハイスピードモード(WiMAX2+)、ハイスピードプラスエリアモード(au 4GLTE)

2018年1月から販売開始された最新端末で、下りの最大速度が708Mbpsまで伸びているのが特徴。

回線も通常のWiMAX2+回線に加え、オプションでLTE回線にも切り替えることが出来るので、基本的にこの端末を選んでおけば間違いないかと思います。

WX04

  

下り最大速度:440Mbps

対応モード:ハイスピードモード(WiMAX2+)、ハイスピードプラスエリアモード(au 4GLTE)

こちらも2017年11月から販売開始された比較的に新しい端末。

「W05」と最大速度の違いはありますが、あくまで最大値ですので、デザインの好みなどでこちらを選んでも全く問題ありません。

この「WX04」もWiMAX2+回線とau LTE回線の両方を使うことができます。

W04

下り最大速度:708Mbps

対応モード:ハイスピードモード(WiMAX2+)、ハイスピードプラスエリアモード(au 4GLTE)

2017年2月に発売された端末で、僕は当時最新端末だったこの「W04」を使ってます。

1年を経たずして2つも新しい端末が出ているので、新しいものを追いかけてもキリがないですねw

ちなみにこの「W04」も下り最大708Mbps出るので、最新端末よりキャンペーンでお得になっていれば、こちらを選ぶのも全然ありかなと。

WX03

下り最大速度:440Mbps

対応モード:ハイスピードモード(WiMAX2+)

もうこの端末を選ぶ理由はないかな…

と思うのですが、オプション料金がかかるLTE回線はそもそも選べない端末なので、WiMAX回線だけでいいという方で、キャッシュバックなどの金額が高ければ選んでもいいかもしれません。

ホームルーター型の端末もあります

1人で使うなら持ち歩けるポケット型の端末が便利ですが、家の中で家族みんなで使うならホームルーター型を選ぶのがいいですね。

固定回線という選択肢もありますが、こちらは工事が必要なく、使うタイミングで家の中の好きな場所に持って行けるのもメリット。

関連 固定回線とポケットWi-Fiはどっちを選ぶ?初めてのネット回線契約を分かりやすく解説します!

もしホームルーター型のWi-Fiがいいけど、WiMAXは電波が入りにくいという方にはSoftBank回線の端末もあります。

関連 ソフトバンクAirを使ってみたのでレビュー!料金や速度も調べてみました!

充電器とクレードルについて

充電器を購入するかどうか

最近の端末は、申し込み時に別売りの充電器(1,800円ほど)を購入するかどうかを選ぶ必要があります。

が、付いてないのはACアダプターだけなので、USBケーブルはちゃんと同梱されているので注意。

なのでケーブルを繋いでパソコンから充電も可能ですし、スマホのアダプターを使うのもありですね。

パソコンからだと充電に時間がかかるので、アダプターを使った方がおすすめではあります
 
 

まずはスマホのACアダプターと共用にしといて、不便であれば以下のような物を別で購入するでもいいと思います。

クレードルが必要かどうか

クレードルとは写真のような台座のことですが、これも別料金で付けるかどうか選ぶ場合が多いです。

クレードルの特徴を簡単に説明すると、

  • 有線接続でWi-Fiが対応していない機器にも電波を繋げる
  • 台座に端末を置くことで充電できる
  • クレードルを使うことで少し電波が安定して入りやすくなる

となりますが、ぶっちゃけなくても別に問題ありません。

ただ、Wi-Fiに対応していない古いパソコンや機器にも電波を繋ぎたい方は、クレードルを経由して線を繋げますので購入してください。

申し込み時に購入しなくてもUQアクセサリーショップから購入できます

ちなみに接続の設定も超簡単

これはポケットWi-Fiの良いところなんですが、固定回線と違って業者に来てもらって、ルーター設置してとか一切ないですし、設定も簡単にできます

まずは自分が使ってる端末のSSIDとパスワードを確認。

SSIDとは端末1つ1つを区別するための名前のようなものです

後はパソコンのネットワーク検索から自分の端末のSSIDを選んで、パスワード入力するだけ。

パスワードも記憶させておけば2回目からはスキップできるので、パソコン・WiMAXの両方の電源をつけたら自動的に繋がります。

iPhoneの場合も『設定』から『Wi-Fi』をオンにしたら、パソコンと同じように、SSIDを選んでパスワード入力すれば接続完了です。

通信会社(プロバイダ)の比較

WiMAXのプロバイダは20社近くあると書きましたが、回線は全て本体であるUQWiMAXと同じ回線を使用しているので、プロバイダによって速度・エリアの違いはありません

また前述の通り、月額の料金もほとんど差がないので、それ以外の違いでプロバイダを選ぶ必要があります。

とはいえ、20社の中から選ぼうとすると決められなくなるので、僕が実際に最終候補にしたおすすめの主要プロバイダ5社をご紹介していきます。

2018年8月のおすすめ順にランキングにしてますので、参考にしてみてください!

  • 料金はすべて税込表記です
  • どのプロバイダも2年契約で25ヶ月間、毎月500円割引きがあるので、契約期間は2年で計算しています
  • 最近までBroadWiMAXを1位としてましたが、より月額割引きが大きいカシモWiMAXに変更しました

1位:カシモWiMAX

月額料金3,866円
初月利用料初月は月額1,490円
月額割引なし
端末代金0円
選べる端末W05,W04
初期費用3,240円
お届け日数最短当日発送
キャシュバックなし
2年間総額93,648円

※料金はW05端末を選んだ場合

2年間の支払額で見ると現金キャッシュバック系のプロバイダーより少し高くなりますが、キャッシュバックはないものの、代わりに月額料金が安いカシモWiMAXが個人的にはおすすめ。

というのも、キャッシュバックが受け取れるのは契約から大体1年ぐらい経った頃で、しかも案内のメールに返信しないと貰えないというシステムなので、受取漏れをする人が本当に多いんです。

その点カシモWiMAXは月額料金自体が安くなっているので、そういった心配がありません。

実は月額料金でいくと3位のSo-netの方が安いのです。

が、So-netは3年プランでしかお得にならないのに比べ、カシモWiMAXは2年プランになっています。

基本的にWiMAXは2年毎にプロバイダーを変えた方がお得ですから、そこも含めて1位にしております。

料金も月に200円ぐらいの差しかありませんし。

カシモWiMAXはauスマートバリューmineが適用されないので、auユーザーの方は注意が必要ですが、それ以外の方にはおすすめできるプロバイダーです。

カシモWiMAX 公式サイトはこちら

結論から言うと「カシモWiMAX」は月額料金が安いWiMAXをお探しの方には一押しのプロバイダーです。 個人的には今からWiMAX...

▲カシモWiMAXについてもっと詳しく知りたい方はこちら。

2位:GMOとくとくBB

月額料金4,604円
初月利用料日割り
月額割引1〜2ヶ月目は月額3,898円
端末代金0円
選べる端末W05,WX04,W04,WX03
初期費用3,240円
お届け日数4営業日以降発送
キャシュバック29,300~43,000円
2年間総額71,824円

※2年間総額は40,500円キャシュバック適用時

8月は最大43,000円の高額キャッシュバックを実施中ですので、キャッシュバック金額だけを見るとGMOとくとくBBが1番です。

さらにGMOとくとくBBの良いのは3年ではなく2年での契約もでき、ちゃんと特典もついてくるところ

ここ最近WiMAXでは3年契約が主流になってきてますが、キャッシュバック金額が少し下がる代わりに、GMOとくとくBBでは2年プランも選べるんですね。

(2年プランだとキャッシュバックは約33,000円)

ただ、注意するべきはやっぱりキャッシュバックの受取り方法で、GMOとくとくBBは契約から11ヶ月後に送られてくるメールを見逃すとアウトですし、受取りには専用のメールアドレスを設定しなくてはいけないなど制約もあります。

キャッシュバックを受け取れなかった場合、2年間で約11万円近くとかなり高くなってしまうので、確実に月額料金が安くなるカシモWiMAXと、どちらが自分に合ってるかで判断してください。

ちなみに3年プランを選んだ場合には、月額1,000円かかるau LTE回線が毎月無料で使えます。

20日以内ならキャンセル可能なのもポイント。

GMOとくとくBB 公式サイトはこちら

3位:So-net(ソネット)

月額料金3,650円
初月利用料無料
月額割引なし
端末代金0円
選べる端末W05,WX04
初期費用3,240円
お届け日数3〜7日
キャシュバックなし
2年間総額90,840円

※料金はW05端末を選んだ場合

So-netも月額割引きのキャンペーンを実施中ですが、3年契約でないと特典が適用されないのに加え、カシモWiMAXよりも2年間の総額では高くなります。

ただ、3年プランならau LTE回線が月7GBまでは無料で使えるので、この機能を使いたいならSo-netもありですね。

さらに契約から1年10ヶ月以上経てば無料で新しい端末に交換してもらえるサービスが新しく始まりました。

基本的には2年に1回で新しいプロバイダーに乗り換えた方がお得になりますが、So-netに魅力を感じてる方は3年プランでも問題なさそうです。

また、So-net(ソネット)はパソコンのセキュリティーソフトが12ヶ月間無料になるサービスがあったり、9〜19時の間であれば土日も休まず電話での質問にも対応しているので、Wi-Fiを上手く使えるか不安という方でも安心なのもポイント。

So-net(ソネット) 公式サイトはこちら

以前の記事でも書いた通り、ポケットWi-Fiは2年に1回の更新月でプロバイダーを乗り換えたほうが絶対にお得です。 参考 WiMAXは必...

▲auスマートバリューmineの対象になるならSo-netがおすすめです。

4位:BIGLOBE

月額料金4,730円
初月利用料無料
月額割引1〜2ヶ月目は月額3,991円
端末代金0円
選べる端末W05,WX04,W04,WX03
初期費用3,240円
お届け日数2日〜1週間
キャシュバック最大30,000円
2年間総額80,552円

※2年間総額は最大キャシュバック適用時

30,000円キャッシュバックになってますが、同じキャッシュバック系のGMOとくとくBBに比べると金額が見劣りしてしまいます。

キャッシュバックなしの月額割引きプランもあるのですが、2年目まではいいものの、3年目の月額が高くなるのでメリットなし。

この金額ならカシモWiMAXの方がおすすめです。

と、ここまではあまりいい所がないBIGLOBEですが、最大のメリットは口座振替でも支払いができることにあります。

他のWiMAXプロバイダーはクレジットカード払いが必須なことが多いですので。

少し額は落ちるものの、口座振替でもキャッシュバックなどの特典がありますので、クレジットカードを使いたくない方にはベストなプロバイダーだと思います。

ちなみにBIGLOBEはキャッシュバックを受け取れる時期は変わらないものの、アンケートを契約してすぐに回答できるので受け取り漏れしにくいのも特徴です。

BIGLOBE 公式サイトはこちら

WiMAXを検討しているけど、クレジットカードを持っていない。または使いたくないという方もいらっしゃると思うので、クレカ以外の支払い方法...

▲クレカ以外で支払いができるプロバイダーについてはこちらでまとめています。

5位:UQWiMAX

月額料金4,730円
初月利用料日割り
月額割引契約から3ヶ月間は月額3,992円
端末代金800円〜
選べる端末

W05,WX04,W04,WE03

初期費用3,240円
お届け日数最短当日発送
キャシュバック最大10,000円
2年間総額105,367円

※2年間総額は最大キャシュバック適用時

初月利用料が日割りだったり、端末代金も必要なので、他のプロバイダに比べるとお得感は少ないのですが、やっぱりWiMAXの本家本元なので、何か困った時のサポートが期待できますし、契約者数が1番多いのもUQWiMAXです。

商品券以外の割引きがないため2年間の支払額は大きくなっていますが、『何かあった時にきちんと対応してくれるか不安』という方は、UQWiMAXを選ぶのがいいと思います。

UQWiMAXも3年契約のプランを選べばLTEオプション無料です。

UQWiMAX 公式サイトはこちら

まとめ

WiMAXを使いだして2年以上が経ちましたが、固定回線を契約せずに1台のWi-FiでやっていくならWiMAXはかなりいいですね。

今回の記事も参考に色々と検討してみてください。

それではまた!!

スポンサーリンク
たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!