イワタニの焼肉プレートでお家焼肉やってみた!煙や臭いの感想など

スポンサーリンク

焼肉食べたいけどそんな頻繁に行く余裕はないし、もっと気軽に焼肉したい!

ってことでお家でもできるように、イワタニの焼肉プレートを買って試してみました。

 

結論から言うと、ちょっといいお肉とこれさえあれば充分に満足できる焼肉ができるので、不意に訪れる焼肉欲求のために常備しておいて損はないかなと。

お子さんのいるご家庭なら、より家でやったほうがコスパ高いと思いますし。

 

 

サイズは大・小がありますが、大でもデカすぎるってことはないですし、焼く面積は広いほうが便利なので基本的には大を買うでいいでしょう。

 

カセットコンロはお家にあるやつを使えばいいですが、持ってなくて一緒に買うなこれまたイワタニのやつおすすめです。

コンロ自体の高さが74mmとめっちゃ低いんで、上にプレート乗せても高くならずに安全面でも◎。

 

鍋をやる時にも中身が取りやすくて助かってます。

 

「達人スリム」のレビューはこちら
イワタニの「達人スリム」を2年使ったのでレビュー|薄くて手入れも楽な人気のカセットコンロ
2年以上前に、Amazonでカセットコンロを探していたときに見つけて購入したのがこの「達人スリム」です。 Amazonレビュー件数2,000超えとそれだけでも支持されてるのが分かりますが、実際に使ってみても薄くて軽くて使いやす...

 

スポンサーリンク

イワタニの焼肉プレートの特徴2つ

イワタニの焼肉プレートは外側に油を落とす用の溝がついてます。

で、ゆるくですが真ん中は高く、外側は低い山のような形になってるんで、肉から出た油は溝のほうに流れていくわけです。

 

この「余分な油を落として美味しく焼ける」というのが特徴の1つ目。

 

油が流れ落ちた先。土台の部分には水を入れて使う仕組みなんですが、油が水に落ちるんで煙も出にくい!

というのが特徴の2つ目です。

 

実際に煙はどう?焼肉の臭いは残る?

家で焼肉をするのを想像すると、やっぱり気になるのは家具や壁紙に臭いが残らないかですよね?

まず肝心の煙が出にくいって話についてですが…

 

イワタニの焼肉プレートでやっても煙はそれなりに出ます!

 

冬場に寒くて窓を締め切ってやっててたんですが、気付いたら部屋の中が煙で白くなってましたw

なので当たり前ですが、水を張ったプレートで焼肉をやっても煙はある程度出るってことです。

 

お部屋の広さや換気のやり方にもよりますが、床が油で少しヌメヌメしたり、2〜3日は焼肉臭が残ることは覚悟せねばなりません…

ただ他のプレートを持ってないんであれですが、比較すると煙が出にくいってのは事実なのでしょう。

 

欲を言えばお庭なんかで使うのがベストだと思います。

とはいえ長くても数日後には臭いもベタベタも消えますから、よほど気にする人以外は部屋の中でやっても問題ありませんよ!

 

実際にお家焼肉をやってみた!

では実際にお家焼肉をやってみよう!

ってことで肉屋さんでちょっといいお肉を買ってきました。

 

スーパーの安い肉でもやってみたんですが、やっぱり味もそこそこですし、満足感を出すためにはちょっといいお肉を使うのがいいと思います。

それでも外で焼肉食べることを考えれば半分ぐらいの値段で済みますし。

 

ちなみに勘の良い方はお気付きかもしれませんが、今回は1人で焼肉しますww

我1人で鍋も焼肉もする漢。ただ1人鍋用の具材を買うとこをスーパーで友達に見られた時はさすがに恥ずかしかったですw

 

もちろん野菜&ウインナーも用意!

 

そしていつもは第3のビールの僕も今日ばかりは普通のビールです。

お店で500円の生を飲むと思えば半額以下じゃー!

 

美味しそうな焼肉のタレも準備いたしました。

 

ガスの火力で焼いて普通に美味い!

鉄板を温めたらまずは牛脂をぬりぬり。

 

あ!言い忘れてましたが、油はねが嫌なのでテーブルの上にはポリ袋ひいてます。

(もし火がついたりしたら危ないんで悩みましたが…)

 

牛肉ぅぅ!

 

こうなったら…

 

こう!

 

そしてこう!!

いい肉→タレ→On the ライスの流れで不味いわけがありません。

 

豚肉や鳥肉も焼いていきます。

(1人なんで1度に焼く量が少なくて映えなくてホントすいませんww)

 

焼くときに唯一困ったのが、山なりのプレートなんでウインナーとかは置くと外側に転がっていってしまうこと。

こればっかりは仕方ないですね。

 

火力はちょっと目を離すと焼き過ぎちゃうぐらい十分なので、ご心配は無用です。

1回やってみると分かりますが、食材さえ良ければ普通に満足いく焼肉ができますぞ!

 

フッ素加工で洗うのも楽

イワタニのプレートはフッ素加工がされてるんで、こういう焼肉後の焦げ付きなんかも普通に洗うだけで簡単に落ちます。

お手入れ的にも個人的には不満は特にないですね。

 

まとめ

これまでは「焼肉=外で食べるもの」でしたが、このプレートのおかげで家で焼肉をするというカードを手に入れたわけであります。

 

ちょっといいお肉とお酒を買ってお家焼肉というプチ贅沢。

そんな選択肢がたった1,000円ちょっとの値段で手に入るんですから、安い買い物と言っていいでしょう!

 

箱も薄くて保管に場所を取るものでもないので、不意に訪れる焼肉衝動のために準備しておいて損はないと思います。

 

それではまた!!

コメント