WiMAX・W06端末|MacOS・iOSで安全性の低いセキュリティとなるのを解決

スポンサーリンク

たぶん少し前からですが、WiMAXのW06端末でMacのパソコンをWi-Fiに繋ぐと、安全性の低いセキュリティと表示されるようになってしまいました。

 

詳しく見てみると、WPA2/WPA3パーソナル(AES)にするようにルーターを設定してとのこと。

 

iPhoneでも同じことが書かれてます。

 

ということで今回は、W06端末を使ってもこの警告表示が出ないように設定変更をしていきます。

MacOSはBig Surの最新、iOSも最新バージョンです。(記事執筆時)
筆者はネットセキュリティに詳しいわけじゃないので悪しからず…

 

スポンサーリンク

まずは「Speed Wi-Fi NEXT設定ツール」にアクセス

端末自体の設定では、どこを探してもセキュリティタイプを変更する項目がありません。

なので専用サイト(ツール?)にアクセスして変更作業をしていく必要があります。

 

お手持ちのPCかスマホをW06端末の回線に繋いだら、以下の「Speed Wi-Fi NEXT設定ツール」に移動してください。

▶︎http://speedwifi-next.home/html/login.htm

W06以外のネット回線に繋いでるとこれから先の作業ができないので注意

 

アクセスすると、画像のように直近のデータ使用量などが表示される画面になります。

右側にログインボタンがあるので、以下の内容を入力して先に進みましょう。

  • ユーザー名:admin
  • パスワード:W06端末の裏側にあるIMEI番号の下5桁
ログインするとパスワードを変更するように促されるので、変更しておくといいと思います。

 

ネットワークのセキュリティタイプを変更する

ログインできたら、「設定」→「LAN設定」とクリック。

 

「LAN設定」メニューの中から、「セキュリティ設定」を押すと上記の画面になります。

  • IEEE802.11認証
  • WPA暗号化

今回はこの2点を変更していきます。

最初は「IEEE802.11認証」だけを変更したのですが、セキュリティのメッセージが消えなかったため「WPA暗号化」も変更しました。

 

IEEE802.11認証の変更

「IEEE802.11認証」は下の「WPA2-PSK」に変更

 

WPA暗号化の変更

「WPA暗号化」は上の「AES」を選択します。

2つとも変更したら、画面下部にある適用ボタンをクリック。

 

回線を繋ぎ直し、変更が反映されているかチェック

適用ボタンを押すと一度回線が切れますので、もう一度W06端末の回線に繋ぎ直します。

 

繋ぎ直して3秒待ち、続行ボタンを押して「成功」が出ればOK。

 

念のため変更した2ヶ所が反映されているかチェックしてください。

 

最後にセキュリティの警告が消えているか確認

▲MacOS

 

▲iOS

僕の場合はこれで警告メッセージは今のところ出なくなりました。

 

まとめと補足

Appleサポートで確認したところ、今回の「WPA2+AES」という方法はこれより高いモードを使えない場合の選択肢とあります。

▶︎Wi-Fi ルーターと Wi-Fi アクセスポイントの推奨設定 – Apple サポート

 

W06端末は発売から2年程度は経っているので、もうそろそろセキュリティ的には最新の端末に変更しなくてはいけない時期と言えますね。

最近はどのプロバイダーも契約を継続したまま最新の端末に変えることもできます。

 

ただ面倒でなければ契約更新のタイミングでプロバイダーごと変更するのが個人的にはおすすめ。

これは新規契約なら現金のキャッシュバックや月額料金の割引があるからですね。

 

その辺の話は以下の記事で詳しく解説してるので、興味があれば併せて読んでみてください。

WiMAXの乗り換えのベストなタイミングは契約更新月!お得に乗り換えできる方法を解説!
WiMAXを含むポケットWi-Fiは基本的に3年契約が主流になってきてますが、特に不満がなかったとしても3年間(契約から36ヶ月間)経ったら確実に解約をして他のプロバイダーに乗り換えるべきです。 というのも同じプロバイダーで契約し続け...

 

僕もあと2ヶ月ほどで更新月なので、また新しいプロバイダーに乗り換える予定です。

それではまた!!

コメント