古いゲームの買取に特化したヤマトクの特徴を徹底解説!

スポンサーリンク

僕は2年ほどゲーム買取の社員をやっていたことがあるので、ゲーム買取についてある程度の知識もありますし、競合他社のチェックも頻繁に行ってました。

そんな僕から見て、古いゲーム(レトロゲーム)を売るときにおすすめなのが「宅配買取のヤマトク」です。

今回の記事では経験も踏まえて「ヤマトク」について解説していきますので、興味がある方はぜひ目を通してみてください。

スポンサーリンク

ヤマトクは古いゲームの買取に特化

現行ハード。いわゆる今でも新作が発売されている機種のソフトなら高く買い取ってくれるお店はたくさんありますが、それより前のハード本体・ソフトを高額買取しているお店はほとんどありません。

しかしヤマトクの強化買取対象を見てみると…

  • ファミコン
  • スーパーファミコン
  • ゲームボーイ
  • メガドライブ
  • セガサターン
  • ドリームキャスト
  • PCエンジン
  • ネオジオ

30代以上じゃないと名前さえ知らないようなハードが、これでもかと並んでいます。笑

ぶっちゃけ言って僕が買取をしていたお店を含め、どこのゲーム屋に持っていっても上記の本体やソフトには買取の値段がつかず、引き取ってもそのままゴミになることが多いです。

もちろん中にはプレミア価格がついているタイトルがあるのも知っていますが、普通のお店だと一部のマニアにしか需要がない商品を高額で買い取るのはリスクの方が高いですからね…

それが「ヤマトク」なら本体も…

ソフトもこれだけの高価買取です。

上記は記事執筆時の、状態が良い商品の買取価格です。

さすがにここまで高く買い取ってくれるのは一部のタイトルだけですが、古い作品ならゲオやブックオフより値段がつくのは間違いないと思います。

公式サイトからタイトルを指定して買取価格の検索ができますので、売りたいソフトがあればチェックしてみてください。

なぜヤマトクは古いゲームを高く買い取れるのか?

普通のお店なら古いゲームにほとんど値段をつけないと書きましが、なぜ「ヤマトク」だと高く買い取ってくれるのでしょうか?

それは海外のゲームファンに向けて販売を行っているからです。

アニメや漫画、アイドルだけじゃなく、日本のレトロゲームは海外でも人気がありますので、買い取った商品を日本だけじゃなく海外にも販売できる仕組みがあるからこそ、普通のお店以上の値段で買取ができるわけですね。

箱なし・色あせ・壊れてても買取OK!

普通ゲーム本体を買取するときは必ず動作確認をして、動かなければ買取はしないというのが常識です。

が、「ヤマトク」は付属品なし・色あせ・壊れてても買取OKと明言されています。

買取価格は状態によっても変わるので減額はされます。

家に眠ってる古いゲームなんて何かが足りなかったり、日焼けがあって当たり前ですが、そういった本体やソフトでも全て査定してくれるので、捨てるぐらいなら「ヤマトク」に送った方が絶対にいいですね。

ゲームと一緒に売るなら攻略本の買取もしてくれます。

さらに2017年10月31日までの期間限定で、壊れていなければどんな商品にも最低10円以上の買取価格がつくキャンペーン中です。

ただ、商品を送る際の送料は完全に無料ですが、売らずに返送してもらう時は配送料がかかってしまうので、買取価格によって売るかどうか判断したい方は注意してください。

宅配買取の返送料はどの会社も利用者負担です。

自宅からダンボールで送るだけの簡単買取

買取の流れもめちゃくちゃ簡単です。

ダンボール・ガムテープ・買取申込書がセットになった梱包キットを送ってもらい、ダンボールに商品と申込書、本人確認書類のコピーを同封。

(本人確認書類は会員ページから画像をアップロードもでもOK)

あとは自宅まで集荷に来てくれる配送業者に渡すだけなので、わざわざ重たい荷物を持ってお店に買取してもらいに行くよりもよっぽど楽ですね。

ダンボールが必要ない方は、10点以上の商品を送れば最低額500円アップのキャンペーンが行われていますので、買取申込書を印刷して公式サイトから集荷の申し込みをしてください。

まとめ

古いゲームの買取に特化した「ヤマトク」の宅配買取。

おウチに眠ってるゲームはもしかしたら宝の山かもしれませんので、売れそうな物がないかチェックしてみてくだいね!

ヤマトク 公式サイト

それではまた!!

(ゲームしすぎて写真みたいにならないよう注意w)スマホゲーム全盛期とはいえ、TVゲームにはTVゲームならではの魅力があります。 ...

▲現行ハードのゲームを売るならこちらの記事も参考にしてください。

スポンサーリンク
たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!