初めての一蘭|支払い方法から追加注文までシステムを徹底解説

スポンサーリンク

一蘭でラーメンを食べてみたいけど、行ったことないから不安…

そんな方のために4年スタッフとして働いていた僕が、一蘭に入ってラーメンを食べ、外に出るまでの流れを完璧に解説していきます!

働いてたのは10年ほど前になるので新しいメニューも増えてますが、システム自体は当時からほぼ変わってませんし、今でも年に何回かは通ってるのでご安心ください。

スポンサーリンク

入店したらまず食券を買おう

今回やって来たのは福岡市天神の中心にある「天神西通り店」という店舗。

どのお店でも入店したらすぐ券売機があるので、まずは食券を購入しましょう。

とはいえメニューがたくさんあり、初めてなら迷ってしまうと思います。とくに後ろで食券買うのを待ってる人がいたら焦りますよね。

そんな方はとりあえずラーメンの食券だけ買っておけばOK!トッピングや替え玉などは席で追加注文できるので、あとでゆっくり考えれば大丈夫です。

食券を買ったら空いてる席を探して座る

土日や祝日の忙しい時間帯ならスタッフがいて案内することもありますが、基本的には空いている席を自分で見つけて座ります。そのときに見るのが上の空席案内板。

人が座ってないところには青で「空」のマークが点灯してるので、確認して席に座りましょう。

空席がない。または2人で来たけど横並びで席が空いてないようなときは、店員を呼んで聞いてみましょう。開けてないカウンターに通してくれることもあります。
スポンサーリンク

席に座ったらラーメンのオーダーをする

無事に席につけたら、上のように「オーダー用紙」なるものが置いてあると思います。

一蘭のラーメンは自分好みの味にカスタムして食べれるのが特徴なので、その味を決めるのがこのオーダー用紙というわけです。

こんな感じで好きに○をしていきます。初めてなら全て「基本」で食べてみるのがいいですが、秘伝のタレは基本でもけっこう辛いので注意。

一蘭オーダー用紙のおすすめを4年働いてた元スタッフが解説
一蘭で4年働いてた管理人が、オーダーのおすすめと各項目の選び方について解説しています。スタッフしか知らないプチ情報や、店舗限定で食べれる特別なラーメン情報もまとめているので、一蘭をもっと美味しく食べたい方は参考にしてください。

○をつけ終えたら、テーブル前方にある赤い押しボタンで店員を呼びます。オーダー用紙と食券を来たスタッフに渡してください。

ちなみに今回僕が買った食券は⬇︎

  • ICHIRAN3選(ラーメン・ゆでたまご・替玉)
  • ごはん
  • きくらげ

替玉の食券を買っていると、このように鉄のプレートに交換してくれます。

オーダーが通ればあとはラーメンが来るまで待つのみです。

知っておきたい一蘭Tips

コップと水はどこ?

店舗によって違う可能性はありますが、基本的には席の左上にコップが置いてあります。(レンゲも同じ場所にある)

忙しいときは写真のようにコップがなくなってる場合があるので、そのときは先ほどの赤い呼び出しボタンで店員を呼んでもらってください。

あとは下の蛇口を奥にコップで押せば水が出てきます。

仕切りって外せるの?

一蘭の席は「味集中カウンター」といって特許も取ってますが、お子様連れやカップルなどであれば外したいときもあると思います。

ロックがかかっていてこちら側からは外せませんが、スタッフ側からは外せるので聞いてみましょう。

コロナ化で対応が変わっている可能性はあります

離席したいけど勝手に片付けられたりしない?

離席をすると音がなって店員に分かるようになっており、まだ食べ終わってもないのに片付けるようなことは基本的にはありません。

ただ不安な方は仕切りに上のような「離席カード」が置いてあるので、それをテーブルの見える場所に置いておけば安心してトイレなどに行けます。

スポンサーリンク

いざ実食!

の前に、「半熟塩ゆでたまご」はオーダーを通したらすぐ。ラーメンを待ってる間に出てきます。

普通のラーメン屋では煮卵をラーメンに乗せるのが普通ですが、一蘭ではゆでたまごは口の中の味覚をリセットするために食べる。なので先に出てくるんですね。

殻を剥いたら、塩味はつけてあるのでそのまま食べます。

名前に偽りなしのしっかり半熟です!

これホントに口の中がいったんゼロになって後のラーメンが美味しくなるので、嫌いじゃなければぜひ試してみてください。

ってことで今度こそ着丼!

西通り店は「釜だれとんこつ」という重箱に入った特別な一蘭が食べれるお店です。

参考 店舗限定の特別な一蘭

はいオープン!あぁ…あらためて画像を見るとまたすぐ食べたくなりますね…

今回はきくらげを追加注文したので入れて食べていきます。

まずは中央に乗ってる赤い秘伝のタレは溶かさずにそのままスープをひと口。その後ゆっくり溶かしながら食べていくのがおすすめです。

替玉するときはプレートを呼び出しボタンの上に

替玉の食券を買ってプレートをもらってるときは、赤い呼び出しボタンの上に置くことでチャルメラが流れて店員が取りに来てくれます。これだけで注文完了です。

替玉はこんな感じの皿に乗ってきます。

追加注文は現金で

上でも書きましたが、席での追加注文は現金でできます。

呼び出して直接伝えてもいいですが、上のように箸袋に追加したいメニューに○をつけ、現金を置いておけば無言でも頼めます。

マジで一蘭はその気になれば一言もしゃべらないで帰れますね。

お釣りはおしゃれな皿に乗って返ってきました。

スポンサーリンク

食べ終わったらそのまま帰ればよし

食べ終わったら何も言わずに席を立って、出口から帰れば大丈夫です。

上でも書いたように離席すると音が出るようになってますし、出口を通ると「ありがとうございました〜」の音声が流れるので、スタッフにも分かるようになってます。

まとめ

あらためて解説してみるとラーメン屋としては普通じゃなさすぎますね…

どんどん値段も上がってて気軽に食べれなくなってきてますが、味は美味しいと個人的には思うので、未体験の方はぜひ一度食べに行ってみてください。

それではまた!!

一蘭を食べるとお腹壊すのはなぜ?原因は秘伝のタレと油です
一蘭を食べるとなぜかお腹がゆるくなる理由を、4年働いていた元スタッフが自分の経験をもとに解説しています。結論から言うと大きな原因は「秘伝のタレ」と「油」の2つです。なので入れる量をそれぞれ控えめにすれば、お腹は痛くなりにくくなると思います。
グルメ
スポンサーリンク
\この記事をSNSでシェア/
この記事を書いた人
たもつ

福岡市在住。86年生まれ。2014年にうつになり失業。そこから会社に属さない生き方を目指してブログを始め個人事業主に。現在は動画など色々なコンテンツ制作にも挑戦中。お仕事のご依頼受け付けてます。詳しくはプロフィールページをご確認ください。

\たもつをフォローする/
たもトピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました