一蘭を食べるとお腹がゆるくなる理由とオーダー用紙の書き方を徹底解説!

スポンサーリンク

img_1

こんにちわ!たもつです!!

一蘭が大好きなんだけど、食べるとどうもお腹の調子が悪くなる・・・

あれってなんでだろ?

って思ったことありませんか??

この記事では一蘭大好き人間たもつが、お腹がゆるくなる理由と、いまいちオーダー用紙の書き方が分からないという方のために、用紙の書き方を解説していきます。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

お腹がゆるくなる理由は辛味と油にあった

一蘭の秘伝のタレには唐辛子が使われていますが、この唐辛子がお腹がゆるくなってしまう原因の1つといわれています。

日本人はいつもの食事の中で唐辛子はあまり使いませんよね??

使うといってもうどんやそばを食べる際に少量を入れるぐらいだと思います。

その普段食べ慣れていない唐辛子を多量に食べることで、お腹がゆるくなってしまうというわけですね。

あと、これは僕の経験上なんですが、油の量を多くするとお腹がゆるくなる確率が格段にあがる気がします。笑

お腹の具合を気にされる方はこの、油と秘伝のタレの量を調節してみてください。

僕ですか??

僕はたとえお腹がゆるくなっても、大好きなオーダーを貫きますよ!笑

オーダー用紙の書き方とおすすめ

20071105_367104

一蘭を初めて食べる方はまずは基本で食べていくのがいいと思いますが、何回か食べていると自分なりのオーダーにしたくなります。

ここでは各項目の選び方と、知っておくと嬉しい豆知識をご紹介します!

味の濃さ

この味の濃さがダシの量です。

個人的には「うす味」だと本当にうすく感じるので「基本」か「こい味」をおすすめします。

ちなみに僕は、20代の前半は「こい味」一択だったのですが、後半になったいまでは「基本」になりました。

こってり度

これが油の量の選択です。

上にも書いた通り、個人的にはお腹をゆるくする原因の1つと考えていますので注意が必要です!!

しかしお腹が気になる方も、「なし」ではなく、「あっさり」を選ばれることをおすすめします。

「なし」はあまり美味しくない味にパンチがありませんので。

僕は気分によって「あっさり」「基本」「こってり」を選んでいます。

「超こってり」は本当に油が多いので注意!

にんにく

お口のことを気にされないなら断然入れたほうが美味しいのでおすすめです。

僕は「1片分」入れちゃいますね。

「1片分」以上入れたい方は、追加にんにくの食券を購入することでもう「2片分」入れることが可能です。

ねぎ

ねぎは好きな方を選べばいいのですが、○をつける際に「白ねぎ」「青ねぎ」の両方に○をつけるとミックスにすることができます。

裏ワザです。笑

チャーシュー

ここはもうお好きなほうで・・・

秘伝のたれ

一蘭の最大の特徴がこの秘伝のたれですね。

気をつけたいのが「基本」でもかなり辛いこと!

辛いのが苦手な方は「2分の1」を選んだほうが無難ですが、手書きで「4分の1」と書けばより少なく入れてくれます。

また辛いのが大好きな方でもMAXは10倍ぐらいまでにしてください。

それ以上は店舗側も味の保証をしていないそうですし、もはや唐辛子の味しかしないと思います。

お子様連れの方は、取り分けた後からでも秘伝のたれは入れることができるので、最初は「なし」にしておいて、取り分け後にあとから秘伝のタレを入れるのがおすすめですよ!

麺の硬さ

これも好きな硬さでいいのですが、秘伝のたれを入れたり仕上げに時間がかかるのか、「かため」でも「基本」ぐらいの硬さでくることが多いです。

なので普段「かため」で食べたいかたは用紙には「超かた」で○をすると、ちょうど「かため」ぐらいの硬さになります。

替え玉は仕上げの時間などないので、普通に自分の好きな硬さをそのまま注文しても大丈夫です。

「超かた」を超える硬さの「剛鉄麺」

天然とんこつラーメン専門店一蘭は、「世界一とんこつラーメンを研究する会社」です。一杯の味をより深く極め、本物のとんこつラーメンを追求するために、メニューを多様化せず、とんこつラーメン一本に絞り込んでおります。一杯のラーメンに携わる専属の職人は、四十人以上。お客様により美味しく安心してお召し上がりいただくために、安全で上...

福岡の天神店・西新店の2店舗では「超かた」よりもさらに硬い麺、「剛鉄麺」を食べることもできます。

「超かた」までは単純に麺の湯で時間で硬さが変わるんですが、「剛鉄麺」は麺自体が普通の麺とは違ってカタ専用麺として作られています。

その分、普通の麺よりも若干高いのですが、関東で普段一蘭を食べている方も、福岡でしか食べられない一蘭も試してみてください。

まだまだある店舗限定の一蘭

重箱酸味(キャナルシティ博多店限定)

重箱酸味

キャナルシティ博多という商業施設に入っている一蘭だけで食べられる「重箱酸味」。

丼ぶりではなく重箱に入っていて、持ってきた時には蓋まで閉まっています。

オーダー用紙で酸味のあり・なしが選べるのが特徴ですが、お酢が苦手な僕はナシにしてしまって、けっきょく普通の一蘭を食べたという…笑

釜だれとんこつ(天神西通り店限定)

釜だれとんこつ

釜煮込みで作ったチャーシューから出る煮汁を「釜だれ」として入れてあるので、重箱酸味と比べてみてもスープの色が濃いのが分かります。

僕も何度か食べましたが、スープのコクと旨味があるのでかなり美味しいですよ!

同じ天神にあるお店なんですが、「剛鉄麺」が食べれる天神店と、「釜だれとんこつ」が食べれる天神西通り店は店舗が違いますので注意してください。

「釜だれとんこつ」はお土産商品としても販売されていますので、福岡にはなかなか来れないという方はこちらで試してみるのもありかと思います。

市場系とんこつ・滋味系とんこつ(一蘭の森店限定)

市場系とんこつ

滋味系とんこつ

福岡県糸島市にある「一蘭の森」という自社工場だけで食べられるラーメン。

2種類ありますが、週替りでメニューが入れ替わるようなので、1回行っただけでは両方を食べることはできません。

僕もまだ食べたことがないのですが、福岡のラーメンの特徴と言えるシンプルな味が再現されているようです。

「一蘭の森」は工場見学ができるだけでなく、ラーメンを食べたり、夜はイルミネーションが観れたりもするようなので、週末のお出かけに行ってみるのも面白そうですね。

福岡県糸島市にある一蘭工場およびお食事処です。ラーメン博物館・生産工場・音と光の茶庭・お食事・アクセスなど。

まとめ

自分で記事を書いててめっちゃ食べたくなりました…笑

この記事の他にもおすすめのオーダーについて書かれた記事がありましたので、こちらも参考にしてみてください!

一蘭が出してるインスタントラーメンがずっと気になってるんですが、1食400円ぐらいとインスタントにしては高いので手を出せずにいます。笑

買ったらまた記事にしますね。

それではまた!!

スポンサーリンク
たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

一蘭を食べるとお腹がゆるくなる理由とオーダー用紙の書き方を徹底解説!
この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!