どんなときもWi-fiのネット使い放題は本当か?怪しいので徹底的に調べてみた

2020年4月3日より「どんなときもWi-Fi」はサービスの安定供給のため新規の申し込み受付を停止しましたので、いま使い放題のポケットWi-Fiをお探しの方はWiMAXがおすすめです。

⇒ WiMAXのおすすめプロバイダを徹底比較

Webの仕事で生活してる身として、ネットインフラの情報はチェックするようにしてるんですが、最近サービスが開始されて気になったのが「どんなときもWi-Fi」というポケットWi-fi。

WiMAXなどのポケットWi-fiを4年以上使ってますんで、そんな僕からするとびっくりするような良いことばっかり書いてあるんですよ。

  • 月の通信制限なし。3日で10GBの制限などもなし。
  • docomo・au・SoftBankの3つからその時に最適な回線を使える
  • 3年縛りが主流になってきてる中で2年契約
  • 海外でもそのまま使用可能

これが本当だったら最近またWiMAXで契約を更新した俺は涙目じゃねーかwww

いやでもそんな上手い話はあるわけがない!何か裏がある!怪しい!

ってことで「どんなときもWi-fi」が言ってることが本当なのか、できる限り調べてみました。

佐藤二朗・今田美桜コラボCM 張り込み篇【どんなときもWiFi公式】

※佐藤二朗と今田美桜のCMが面白くて、Wi-fiの特徴も分かりやすいのでぜひ

検証1:どれだけ使っても通信制限なしは本当か?

『3日で10GB以上使うと通信制限が…』とあるのはWiMAXのことですが、正面からバチバチに挑発されてますねw

これまでは通信制限なし=WiMAXというイメージで、そのWiMAXでも3日で10GB以上の通信をすると約1日は速度に制限がかかってしまうので、本当の意味での通信制限なしとは言えませんでした。

それを「どんなときもWi-fi」は制限一切しませんよ!っと言ってるわけですが本当でしょうか?

はいはい。ありましたありました。注意書きです。

特に気になるのは以下の小さく書いてある部分。

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

簡単に言うと、他の人に迷惑かけるぐらい通信する人は速度制限をかける可能性がありますってことです。

問題なのはどのぐらい使った場合に制限がかかるかってことですが、カスタマーサポートに質問をしてみたところ…

・システムで判断するので具体的なギガ数などの返答はできない

・ただ、YouTube動画などを1日中見たとしても制限をかけることはない

という回答を頂きました。

YouTube動画なんて1日見てれば余裕で10GB以上は通信しますから、どれだけ使っても通信制限なしの文言にウソはなさそうです。

ただし速度制限の条件は今後変わる可能性がある

これは僕の予想なんですが、今の通信制限なしの状態は将来的には変更される可能性はあります。

というのもWiMAXだって最初は本当に使い放題でしたからね。

それがWiMAXの利用者が増えて回線が混雑しだした結果、3日で10GBの制限に変更されたわけです。

「どんなときもWi-fi」は2019年3月にスタートした新しい回線ですし、同じく利用者が増えていけば無制限は変わる可能性があるってことだけは頭に入れといてください。

向こうもそれを踏まえて規約に「制限かける可能性が…」と入れてるわけですから。

検証2:キャリアの回線から最適なものが使えるのは本当か?

次に怪しいのがこれ。

docomo・au・SoftBankのLTE回線から、そのとき最適なものが選ばれるとかWiMAX真っ青ですわ。

いや、WiMAXも最近は電波が悪いわけじゃ全然ないんだけど、やっぱり地下とかビルの奥まった内部とか、au回線なら繋がるけどWiMAXは圏外って状況はどうしてもあるので。

関連 WiMAXの電波や速度が不安な方へ。4年以上使ってる僕の正直な感想

ちなみに何故こんなことが出来るかというと、端末にSIMカードを刺さず、その時いる場所に応じてクラウド上のSIMを対応させてるからみたい。

クラウド?なにそれ美味しいの?って方はなんか凄いって思っとけばOKですw

まぁこうなるよねw

ただ、softbank回線でも十分にエリアは広いので、使う分に不満はないと思われます。

3大キャリアが使えるって話はどうなってんだって思うだけでw

速度はけっこう問題ないみたい

使える端末の下り最大速度が150Mbpsとかなり旧式レベルなので気にしてましたが、口コミ見てるとそこまで不満は出てないみたいですね。

あくまで最大速度とはいえ、WiMAXの最新端末は下り1.2Gbps(=1200Mbps)とかでほぼ10倍なんで。

とはいえこんな意見もあります。場所と時間にもよるかもだけど。

速度に関して言うと普通に使う分には問題なさそうですが、端末の性能はそこまで高くないのは知っておいてください。

検証3:料金と契約年数について

 クレカ払い口座振替
初月日割り日割り
月額3,480円3,980円
端末代金無料無料
初期費用3,000円3,000円
キャッシュバックなしなし
2年間総額86,520円98,520円

※税抜料金

「どんなときもWi-fi」には支払い方法によって2週類の料金プランがありますが、月額が500円も違うのでお持ちならクレジットカード払いがおすすめ。

口座振替は月額が500円プラス。かつ手数料が毎月200円かかるものの、口座振替で支払えるWi-fiってけっこう珍しいので、クレカは使いたくないって方には選択肢になるかと。

さて。料金が安いのか高いのかですが、実は同じくどれだけ通信しても制限なしだと「NEXT mobile」というポケットWi-Fiが月額3,100円と「どんなときもWi-Fi」より安いです。

また「どんなときもWi-Fi」は2年契約ですが、WiMAXで個人的に一押しの「BIGLOBE」というプロバイダーだと1年契約ができます。

なので料金・契約年数で見るとそれぞれ違うポケットWi-Fiもおすすめなので、以下の記事も参考にしてみてください。

2020年4月3日より「どんなときもWi-Fi」はサービスの安定供給のため新規の申し込み受付を停止しました。 また「NEXT mo...

検証4:海外でも使える仕様について

佐藤二朗・今田美桜コラボCM 海外篇【どんなときもWiFi公式】

※この海外編のCMも面白いですw

「どんなときもWi-fi」の海外利用を簡単にまとめると、

  • 日本でも使ってるWi-fiが海外でもそのまま使える
  • 海外で使うと1日あたり1,280円〜1,880円の料金が別途かかる

となります。

料金はエリアによって上の2種類ですが、中東とかアフリカに旅行する人ってあんまいないと思うので、大体の人が1日1,280円に当てはまると思っとけばいいかなと。

で、これだけだと高いのか安いのかよく分からんので、他の海外で使えるレンタルWi-fiと比較してみます。

(レンタルWi-fiもめっちゃ種類あるんで有名なとこだけと比べますw)

 ハワイ香港タイ
どんなときもWi-fi1,280円1,280円1,280円
イモトのWi-fi1,880円1,580円1,580円
ワイホー1,250円1,180円1,180円
グローバルWi-fi1,670円1,370円1,570円

※1日1GBプランで比較

「どんなときもWi-fi」が1日1GBまで高速通信できるので、同じ1GBプランでという条件付きですが、普通に安くね?って印象ですね。

まぁ他のはレンタルWi-fiなんで、海外行くときだけ借りればいいってのがメリットなんですが、「どんなときもWi-fi」は日本で使っても優秀なんで問題にならないかなと。

Wi-fiを返却したりする手間もないですしね。

もちろん海外で使わなければお金はかからないので、心配だから持ってって困ったときだけ使うってやり方ができるのも、レンタルWi-fiにはないメリットですね。

レンタルWi-fiは借りただけでもうお金かかりますから。

まとめ

色々と検証してきましたが、

  • 月の通信制限は本当になし
  • 速度は劇的に早くはないが動画を見るぐらいなら十分
  • 海外でそのまま使っても安い

ということが分かりました。

料金だけ見ると他に安いポケットWi-Fiもありますが、トリプルキャリアで電波が入りやすいのは「どんなときもWi-Fi」のメリットなので、その点も含めて検討してみてください。

どんなときもWi-Fi 公式サイト

それではまた!!

たもトピ・大
たもトピ・大

シェアしていただけると励みになります

この記事をお届けした
『たもトピ』の最新情報を、
いいねしてチェック!